« 死者の日の季節 | トップページ | 新テキーラメニュー、ポソレ »

2011年10月25日 (火)

超格差社会アメリカ

Kakusa 年の初めに、「今年は激動の年になりそうな予感がする。」と書きましたが、怖いくらいに予想が当たって驚いています。

 ジャスミン革命に端を発した中東の民主化運動は、長年続いたリビアのカダフィ政権を倒してしまいました。

ギリシャが経済的に破綻して、それを救おうとするとEU自体が泥沼に引き込まれそうな不安定な状態にありますし、ウオール街での格差社会に対するデモもネットを通じて世界に拡大しそうな予感もあります。

 自由で平等な国と言われていたアメリカが、実は超がつくほどの格差社会だったことは、薄々感じていましたが、具体的に説明されて納得がいったのが、数年前に読んだこの本でした。

「超格差社会アメリカの真実」 小林由実著

確か、読み終わったときにこのブログで紹介しようと思いながら、忙しかったのと、一読しただけでは、内容を十分にまとめられないほどの情報量だったのでそのままになっていました。

 今、ちょっと読み返していますが、ここに出てくる印象的な言葉に(アメリカでは)「メイキングマネーが尊敬に値する唯一の行為」というのがあります。逆にヨーロッパでは、富裕であること「ハヴィングマネー」は良いことだが、「メイキングマネー」は悪いことだったと、、、貴族社会だったヨーロッパでは「家柄」が大切で、富はそれに付随しているものなので、自らメイキングマネーに走るようなことは、はしたないとされる。一方、そんなヨーロッパから逃れた移民の社会であるアメリカでは、ゼロから這い上がって富を築く、「メイキングマネー」したものが尊敬される、ということです。

 であるからして、誰でも努力すれば大金持ちになれる、アメリカンドリームに憧れるというわけでしょう。このブログで取り上げたテキーラ「パトロン」のオーナーなんかいい例ですよね。

しかし、その「メイキングマネー」だけが、あまりに追い求められた故、「金融工学」なる現代の「錬金術」が発明され、「グローバリズム」なる「現代の奴隷制度」の一面を持つものが推進されてきたのではないでしょうか?

 その結果が今の「超・格差社会 アメリカ」だと思います。これではいかんと、低所得者層にもクレジットで無理やり家や車を買わせた挙句の経済危機、企業を救うために税金を拠出しておきながら、その企業は人件費カットのために大規模な解雇で失業者を増やす、、、

 そんな社会を変えてくれるかと期待したオバマさんも全くの期待外れだったことで、今回のようなデモが起こったのでしょう。民主主義のお手本だったはずのアメリカが強欲な経営者やウオール街の住民によってこうも悲惨な国になってしまったのは残念ですが、本当に危機的な状況にならないと本当の「変革」は始まらないのかもしれません。希望を失わないようにしたいです。

|

« 死者の日の季節 | トップページ | 新テキーラメニュー、ポソレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死者の日の季節 | トップページ | 新テキーラメニュー、ポソレ »