« オーガニックテキーラ、4コパス | トップページ | フィエスタ メヒカーナ 2011 »

2011年9月20日 (火)

  9月も半ばを過ぎましたね。広尾の街には、もうハロウイーンの飾りが始まりました。年々、早くなっているような、、、

 ご近所のナショナルスーパーで、「もうハロウイーンですか?」と訊いたところ、「9月は、これといってイベントになるようなものが無いので。」という返事が返ってきました。

メキシコでは、9月は一番大きなイベントがある月なんですがね。そうです、9月16日はメキシコの独立記念日で、メキシコではクリスマスと並ぶ一番のお祝いの日なのです。なので、9月に入るとメキシコでは、町じゅうが緑、白、赤のメキシカンカラーで彩られ、イダルゴ神父、モレロス将軍などの独立の英雄を称えるパぺルピカド(切り絵)などが飾られ、お祭りムードに染まります。

Nogada111

 そして、この独立を祝って食べられる名物料理は「チレエンノガーダ」。これは、ポブラーノと呼ばれる大きな緑色の唐辛子の中に、スパイスを効かせた豚肉、アーモンド、桃、レーズンなどを詰めて、胡桃をベースにしたクリーミーなソースをかけ、ザクロとパセリの葉を散らせたものです。ご覧のように、緑、白、赤のメキシカンカラーで愛国心を表しています。この料理は、日本でいうとおせち料理のようなもので、一年のうちに、この時期だけ作られます。有名なレストランのシェフ達が、毎年、腕を競うように、この時期になると、この一品を作るわけです。

 001サルシータでも、毎年、この料理を作っています。 ところが、去年と今年はポブラーノチレが手に入らなかったので、大きめのピーマンで作っていました。少しボリュームに欠けますが、ソースと中に詰めるスタッフィングは変わらないので、味も良く、評判は上々でした。

 ところが、先週末、群馬で農業をされているメキシコ人の方が来店されて、彼が栽培した立派なポブラーノチレをお土産に頂きました。左の写真です。採れたてらしく、とても元気で力強い唐辛子です。辛さは、ほとんど無いようです。

 ということで、明日から、このポブラーノで作るサルシータ自慢の「チレ エンノガーダ」を発売いたします。ピーマンで作る小さいサイズのものも、併せてメニューに残しておきます。ポブラーノで作るほうは、かなり大きいので、一人だとちょっと量が多すぎる気がするので、、、値段は大が2100円、小が1050円です。この時期だけの特別な料理、ぜひ、お見逃しなく!

|

« オーガニックテキーラ、4コパス | トップページ | フィエスタ メヒカーナ 2011 »

コメント

チレポブラノいいっすね!

久しく、チレス エン ノガタ 作ってないなぁー

投稿: バガブンド フミオ | 2011年9月21日 (水) 16時38分

すごく大きいですよ。
当たり前だけど、やっぱりピーマンとは全然違いますね(^^)!

投稿: moriyama | 2011年9月22日 (木) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーガニックテキーラ、4コパス | トップページ | フィエスタ メヒカーナ 2011 »