« 王者パトロン! | トップページ | »

2011年9月12日 (月)

オーガニックテキーラ、4コパス

048_4 先週、プレミアムテキーラ界の覇者、パトロンの天下は当分続くだろう、みたいなことを書いてしまいましたが、、、

 ちょっと、待ってください。ひとつ忘れていました。

 これからの高級テキーラの潮流として、見過ごしてならないのは、「オーガニックテキーラ」です。

 以前、このブログでも取り上げたことがありますが、テキーラバレイのエルアレナルという場所にあるラケマダ蒸留所では、1996年より、テキーラ初の完全有機栽培によるアガベを使用したオーガニックテキーラ、4コパスを製造しています。

このテキーラ、味が素晴らしくて着実にファンを増やしているようです。ぼくも飲んでみましたが、やはり、美味しいですね。ぼくは、特にアネホが気に入りました。実は、僕も含め、テキーラを長年飲んでいる人達ってアガベ本来の味がストレートに味わえるブランコを好む傾向があるのですが、このアネホは、さすがに、素材の良さを知っているメーカーらしく、ちゃんとアガベの深い味わいをを生かして美味く樽の香りも付けた絶妙のバランスを保っています。

ちなみに、サルシータでも、今月より、この4コパスをブランコ、レポサド、アネホ、と3種類そろえて発売しています。今月に限り、すべて100円引きで提供しています。

 この、4コパス、アメリカでも売れているみたいです。ちなみに、アメリカでのセールスの拠点は、西海岸有数のセレブな町、カリフォルニアのニューポートビーチにありました。(余談ですが、ぼくは、ここのレストランで、昔、ひと夏だけ働いたことがあります。オーナーは湾に面した自宅に自家用クルーザーを持っているような人でした、、、)

 アメリカ人は、「オーガニック」という言葉に弱いからなあ。ぼくは、興味があって、よく、ご近所のナショナル麻布スーパーさんで舶来品の食べ物(多くはアメリカ製)をチェックするのですが、パッケージにやたらとオーガニックを強調しているものが多いんですよ。なんか、オーガニックと謳わなければ売れないぞ!という強迫観念のようなものさえ感じます。

 こう、見てくるとこの4コパスのようなオーガニックテキーラの存在が、将来、パトロンの牙城を脅かす存在になる可能性も十分感じられるのです。味に関してはまったく遜色ないですから、後はアメリカでのプロモーション次第でしょう。こういう高級テキーラの購買層はリッチなアメリカ人でしょうから、、、そして、近々、発売になるであろう、ラ コフラディア社の人気ブランド「カサ ノブレ」もオーガニックテキーラに生まれ変り、プロモーションには、あのカルロス・サンタナが一役買うらしいです。

 こういうセレブを使ったプロモーション合戦で、プレミアムテキーラの存在がさらに注目を浴びるのは良いことだと思いますが、何か、地道な酒造りの工程が置き去りにされているような気もして、ちょっと複雑な気分です。まあ、今は過渡期なのかもしれません。こういう熱狂が少し落ち着くと、テキーラの人気も定着してくるのかな、と思います。

 

|

« 王者パトロン! | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王者パトロン! | トップページ | »