« MEXICO'S TRAGEDY | トップページ | 8月のおすすめ »

2011年7月19日 (火)

ペドロ・パラモ

  • Photo
  • 先週、取り上げたタイム誌の記事"Mexico's tragedy"に、メキシコの小説家ファン・ルルフォの代表作(といっても彼は2冊しか書いていないけれど)の「ペドロ・パラモ」の文章が紹介されていて、現在、麻薬戦争撲滅運動を先導している詩人、小説家のハビエル・シシリアが、この、死者に物語を語らせるという前衛的な手法を取っている小説を、現代の麻薬戦争の犠牲になって死んでいった人達の声を甦らせようという意味でシンボルのように使っているという話が出てきていました。

   この「ペドロ・パラモ」という小説は、20世紀初め頃のメキシコ革命の時代を背景に、舞台は「コマラ」という架空の町ですが、おそらく作者のルルフォの故郷であるハリスコ州あたりをモデルに書かれていると思われます。そこは、法や正義よりも欲と暴力が支配する世界で、ある意味、現代の麻薬戦争真っ只中のメキシコにとても似ています。

 主人公のペドロ・パラモは、貧しい家の出ながらも悪知恵と暴力を駆使してコマラ一帯の支配者になっていき、何人もの女性を手に入れるが、唯一心から愛した幼なじみの女性スサーナを救ってやれない。息子は、父親似でさんざん悪さをした挙句、早死にしてしまう。そして彼自身の破滅も始まっていく、、、という大まかなストーリーです。

 200ページほどの中編ですが、構成が独特で、70あまりの短いエピソードが集められていてそれが、必ずしも時系列に並んでいるわけではないのですね。現在と過去が入り混じっていたりする。しかもそれらの多くはすでに死んでいる者たちの独白だったりします。ある登場人物が出てきて何かした後、実はそれが既に死んでいる人物だったと明かされたり、、、その断片たちをパズルのように組み合わせていくと全体の流れがようやく見えてくるというわけです。

 今回、久々に読み返してみましたが、その文章の力に圧倒されました。むき出しの人間の欲や生命力溢れるみずみずしい自然の描写と、「こんな人生なんてくだらねえや!」(ある登場人物の台詞)というメキシコらしい虚無感に荒涼とした大地との対比もすごいです。

|

« MEXICO'S TRAGEDY | トップページ | 8月のおすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MEXICO'S TRAGEDY | トップページ | 8月のおすすめ »