« 夏カクテル、始めました! | トップページ | いのちの半ばに »

2011年7月 5日 (火)

新着テキーラ

なんと、メインに使っていたコンピューターがダウンしてしまい、一部を除いて、料理の画像や、メニューのテクストなどがとんでしまいました!(泣)

 ホームページの更新なども、少しの間出来そうにないので、こちらのブログのほうでお店の近況など書いていきます。

さて、私、今月は日本テキーラ協会さんのテキーラソムリエ講座を受講しております。この講座は、今年から始まったのですが、既に100人以上のテキーラソムリエを輩出しているそうで、日本全国から参加者があるという人気講座です。我がサルシータも、テキーラと料理のマリアージュ用として、毎回、各種サルサを提供させて頂いています。料理とお酒は切っても切れない関係、テキーラの素晴らしさが世間にもっと認められることとは、メキシコ料理の素晴らしさが認められることになるだろうし、その逆も当然、あるでしょう。なので、今回、テキーラの知識をもっと深めてもっと、テキーラの素晴らしさをお客さんに向けて発信出来たら、と思っています。

  • Pueblito_2  そこで、今月のサルシータおススメの新着テキーラの発表です。

 まずは、有名な蒸留所が多数あることで知られロスアルトス地区のアランダスから届いた「プエブリート ブランコ」。先日行われた 武蔵屋さんのテキーラ試飲会で見つけた品です。丹念に育てられたアガベをゆっくりとバロック音楽を聴かせながら!低温発酵させているそうで、蒸留後はヘッドとテールを除いてから二度フィルターにかけるそうです。とても手のかかったテキーラなので、樽熟成なしのブランコでも、豊かな芳香と深い味わいがあり、それでいて雑味のないすっきりとした仕上がりになっています。テキーラの入門編としても良いかもしれません。900円です。

Herencia_historico  そして、やはり武蔵屋さんの試飲会で頂いて、大変感動したのがこちらです。「エレンシア イストリコ」

 こちらは、「レぜルバ デ セニョール」や「エレンシア デ プラタ」などで有名なリオデ ラ プラタ蒸留所の超高級テキーラで、あのシェリーで有名な南スペインのへレスデラフロンテラから取り寄せたシェリー樽を使い、高級シェリーの熟成に使われるソレラ方式によって12年の歳月をかけてこだわりのテキーラを熟成させたという逸品です。

 これは、まさに、テキーラを超えたテキーラ! 先に紹介した、とてもテキーラらしい味わいのプエブリートとは好対照ですが、確かに高級シェリーの気品も漂わせた、チョコレートやドライフルーツ、ナッツといった熟成させたテキーラ特有のニュアンスも感じさせる、とろけるような味わいの傑作です。こちらのテキーラは、オーストリアの老舗高級ワイングラスメーカー、リーデル社が、テキーラのテイスティングのためにテキーラメーカーと共同で作りあげた特別グラスで提供いたします。グラスを静かに回すと側面に出来てゆっくりと滑り落ちていく液体の滴の跡、通称「テキーラの涙」が長い熟成の時間を物語ります。とても高価な品ですが、一度は味わってもらいたい名品です。 一杯2300円です。

|

« 夏カクテル、始めました! | トップページ | いのちの半ばに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏カクテル、始めました! | トップページ | いのちの半ばに »