« アマンダの恋のお料理ノート | トップページ | 夏カクテル、始めました! »

2011年6月28日 (火)

ウイチョール族の世界、 原宿luby's

 早いもので、もう6月も最後の週に突入ですね。まだ、梅雨は明けてないけど、先週の後半は、とても暑くてまいりました。夏のレストランのキッチンはすごい暑さになります。今年も夏バテとの闘いだ!

 今日は、天気もどんよりで、比較的涼しくて過ごしやすかったですね。お店に行ってみると、郵便受けに、青山のスパイラルビルの地下のレストランCAYで始まったウイチョール族のアート展の案内が届いていました。そういえば、この展覧会、うちがテキーラを仕入れているグローバルコメルシオさんが協賛していて、ちょっと前にお話しは聞いていたのを思い出しました。見てみると、もう今月いっぱいで終わってしまうようなので、ああ、今日しかない、と思い、急きょ、訪ねてみることに。

 10003743735_s その前に、いつもサルシータに来て下さっている近藤さんのお店、原宿LUBY'Sに立ち寄りました。近藤さんは、洋服のお店をやられていますが、お友達の恵比寿の美容室ヘアーの奥田さんと一緒に、恵比寿時代からよくサルシータに食べに来て下さっていて、僕ら3人は、同年代で、業界は違えど、それぞれ自分でお店をやっているという共通点があるので、けっこう話し出すと盛り上がるんですよね。同じレストラン業界の人達には話しにくいことも話せちゃったり、他の業界の話しを聞くのも面白かったりして、、、

 近藤さんは、定期的にアメリカに買い付けに行かれていて、実は、今回も戻って来たばかりだったんですね。けっこう時差ボケで大変そうでした。買い付けの様子なんかをブログに書かれていますが、涙無しでは読めません!(笑) ぼくも、昔、車で10日かけてアメリカ縦断の旅をしたことがあるので、昔の映画に出てきそうな、アメリカの田舎町の画像なんか見てると、懐かしいですね。

201009_cay_info   LUBY'Sで、夏用にTシャツ2枚ゲットしてから、青山のCAYに。ここはライブも行われるくらいの大きなレストランなんですよね。大昔にぼくの好きなニューヨークのメレンゲバンド、Los Vecinosもライブをしたことがあるという、、、その店内に、あのメキシコの先住民、ウイチョール族の独特の世界観を持った刺繍やビーズの作品が飾られていました。さすが、選ばれて日本に持ち込まれているものだけあってとても素晴らしいものばかりでした。とても、大きなものもあり、彼ら独特の世界観が描かれていました。

 ウイチョール族は、ハリスコ州北部とナヤリット州に跨る山岳地帯に住んでいて、一年に一度行われる40日以上にも渡る「巡礼」で聖なるサボテン、ペヨーテを食べて、そこで得たインスピレーションで独特の色彩感覚を持つタペストリーやビーズアートを造り出します。全てのものに霊が宿っていると考える先住民独特の自然崇拝から来る神話的世界や鮮やかな色使いは、パナマの先住民クナ族のアート、モラに通じるところも感じます。

 お店で使うお皿やグラスの買い付けに、ハリスコ州の州都グアダラハラ近辺に行くことがありますが、そこでウイチョール族の人が民芸品を売りに来ているのをよく見かけました。サルシータにも、1点、サポパンという町で買ったウイチョールのアートが飾ってあります。

|

« アマンダの恋のお料理ノート | トップページ | 夏カクテル、始めました! »

コメント

毎度です。ご紹介いただきまして、ありがとうございます!いま、成田です。今日からまたアメリカに行って来ます。たった今この記事に気がつきました!(爆)帰ってきたら、またお邪魔します!行って来ます!

投稿: lubys | 2011年9月12日 (月) 14時10分

毎回の買い付け、ご苦労さまです!
また、アメリカ話を期待しています。
気をつけて!

投稿: MORIYAMA | 2011年9月13日 (火) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマンダの恋のお料理ノート | トップページ | 夏カクテル、始めました! »