« CHILORIO! | トップページ | フーデックス ジャパン 2011 »

2011年2月22日 (火)

世界を食いつくせ(A COOK'S TOUR)

Coocs_tourまだまだ、寒いですけど、もう2月も終わりの週に入り、春も近いですね。朝、起きるのが辛いので、早く暖かくなって欲しいものです。

 今月の初めのブログで、「今年は激動の年になる予感」と書きましたが、実際、そんな感じになってきました。アラブで起きている反政府運動のドミノ現象は、アジアにもやって来たようです。そういえば、89年のベルリンの壁崩壊と東欧の民主化のときは、直前に天安門事件がありました。アジアからヨーロッパへと民主化運動の流れが伝わったのですが、今回はアラブで起きた民主化運動がアジアにやって来たようです。しかも、今回はツイッタ-とフェイスブック付きで。

そんな、激動の世界ですが、ぼくは自分に与えられた仕事を全うするだけです。今年は、本物のメキシコ料理を日本に紹介するために、さらにステップアップしていきたいです。

 さて、そんな毎日の息抜きの読書ですが、去年後半から「食」に関する本を読むことを裏テーマにしています。(表はもちろん、メキシコに関する本です。) そんななか、最近の大ヒットがこの本 世界を食いつくせ(A COOK'S TOUR) アンソニー・ボーディン著 です。

著者のアンソニー・ボーディンは現役のニューヨークのフレンチレストランのシェフで、彼の前作、レストランの裏事情を暴いた「キッチン コンフィデンシャル」を数年前に読んで、おおいに楽しみ、そして勇気付けられたので、今回も期待して読んだのですが、やはり面白かった。

 今回は、前作がベストセラーになり、有名になったトニー(アンソニーの愛称です)がテレビ局のクルーを従えて世界中を巡り、そこで食べられているものを現地の人達と一緒に食べる、という企画を本にしたものです。ポルトガルに始まり、フランス、ベトナム、スペイン、ロシア、カンボジア、等々、メキシコと日本にも来ています。

 読み始めてちょっとして、もう読み終わるのが惜しくなりました。この人は、やはり文章が巧い!まあ、単純にぼく好みなだけかもしれませんが、、、ニューヨークで有名になり、パブリシティや番組出演に追われて仕事場にあまり姿を見せなくなったトニーを部下のメキシコ人シェフ達が「ピンチェ ファモーソ」(ろくでもない有名なやつ)と呼んでいるといった件りには大笑いしました。実際にニューヨークのキッチンで働いたことがあるので、この様子がリアルに想像できたのです。

 たぶん、トニーはマフィア物やハードボイルドな小説が好きなんでしょうね。文章にそんな感じが見て取れる。タフな文章、そしてそれとは裏腹なちょっとへなちょこな自分の心情も隠さずに吐露しているので、そのギャップが面白いのです。本当はとても優しい人なのでしょう。「男はタフでないと生きていけない。優しくなければ生きる資格が無い。」フィリップ・マーロウの名台詞を思い出しました。そして、シェフ稼業の辛さを語るときは、同業者なので、思いっきり共感してしまいます。そして、今回もとても勇気付けられました。ありがとう、トニー!

|

« CHILORIO! | トップページ | フーデックス ジャパン 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHILORIO! | トップページ | フーデックス ジャパン 2011 »