« ロンリ―プラネットに出てました! | トップページ | 世界を食いつくせ(A COOK'S TOUR) »

2011年2月15日 (火)

CHILORIO!

Chilorio_edited1  寒い!急に寒くなりましたね。外は雪がこんこんと降っているもようです。このままだと積るのかな?

 さて、サルシータでは、今月、メキシコ北西部シナロア州の名物料理"CHILORIO"(チロリオ)をお勧めとしてお出ししていますが、ありがたいことに、これがすごい人気です。

 この料理は、豚肉を唐辛子入りのソースでじっくり、とろとろになるまで柔らかく煮てからほぐしたもので、フランス料理のリエットをスパイシーにした、みたいな感じです。美味しいよー!メキシコには美味しい豚肉料理がたくさんありますね。中部高原地帯のカルニータス、ユカタン半島のコチニータピビル、屋台タコスの人気者タコスアルパストール等々、、、 リエットはパンに載せて食べますが、そこは、メキシコ料理だけあって、トルティーヤで巻いて食べます。今回はメキシコ北部の料理ということで、とうもろこしでなく、小麦粉のトルティーヤを使っています。(もちろん、とうもろこしのものでもじゅうぶん美味しいのですが、、、)なので、タコスではなくブリータスと呼んでいます。(ブリート、或いはブリトーと呼んでも良いのですが、メキシコシティでは、ブリータと呼ぶ人が多かったので、、、) 

 使っている豚肉もメキシコ産で、シナロア州の北に位置するソノラ州のものです。広大な面積を持つソノラ州というところは、メキシコの大畜産地帯で、美味しい牛肉の産地としても知られています。現在、サルシータのステーキやタコスにもソノラの牛肉を使っています。

 実は先月出していたチョリソとチポトレ唐辛子入りの"QUESO FUNDIDO"(ケソ フンディード)も大人気だったので、レギュラーメニューに昇格させたばかりなのですが、この調子だとこのチロリオも止められないかも、、、これ以上メニューが増えると困るなー。

|

« ロンリ―プラネットに出てました! | トップページ | 世界を食いつくせ(A COOK'S TOUR) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンリ―プラネットに出てました! | トップページ | 世界を食いつくせ(A COOK'S TOUR) »