« ソルファナの言葉4 | トップページ | 「ライティング・マシーン」出版パーティー »

2011年1月25日 (火)

EL COMAL

El_comal_2 書くのが遅くなってしまいましたが、昨年末に東急東横線の新丸子駅近くにあるEL COMAL(エル コマル)というメキシコ料理のお店に行ってきました。

 ここは、こじんまりとした小さなお店なのですが、メキシコ南部の先住民文化が色濃く残った土地、オアハカ地方の料理を得意とされている日本でも唯一といってもいいくらいのお店です。

 サルシータと定休日が同じなので、なかなか、行く機会が無いのですが、お正月休みに入るのがこちらのほうが一日早かったので、今回、訪問することが出来ました。写真のようにカラフルな店内には、主にオアハカ地方の土の香りのする民芸品が飾られていたり、トイレには彼の地出身の高名な画家、ルフィーノ・タマヨの作品のポスターがあったりしていてお店の方のこだわりが伝わって来ます。

 僕たちが着いた時には、もう先客がいらっしゃったので、オープンキッチンの中ではシェフが奮闘中でした。料理を一つ一つ、丁寧に作られているのがわかります。たまには、逆の立場も良いものですね(笑)、、、

Salad_comal なかなか、よそで食べられない、オアハカ地方の名物料理の数々、「タサーホ」という一夜干しの牛肉や「セゲサ」という鶏と黒モチトウモロコシをモレアマリヨで煮たスープから、モレやメヌードといった本場メキシカンの定番料理までどれも美味しく頂きました。

 なかでも感動したのが、写真の「ガーデンサラダ」。とても美しい盛りつけ!紅大根、スティックセニョール、ロマネスコなどの珍しい野菜が使われていて葉っぱ類もしゃきしゃきでとても瑞々しかった。実は以前、ランチで伺ったときもサラダの盛り付けの美しさが印象に残っていたのですが、今回は、完全に負けた!と思いましたヨ、ほんと。もちろん、美味しかったです。

 お店の方のこだわりが、さらに感じられるのが、テキーラの品揃え、まあ、こっちはサルシータも負けていませんがね、いや、競っている場合じゃないな、とても立派な品揃えで、選び抜かれたものが揃っていました。ぼくは、北部のチワワ州で造られているというお酒「ソトル」も初めて頂きました。あと、嬉しいことにこちらのシェフはシェリーもお好きらしく、いろいろ揃えていらっしゃるんですね。実はぼくも、シェリーが大好きなので、お勧めのものを2種類ほど頂きました。美味しかった!

 こういう、お店の方の美学が一本通っていて揺ぎ無いお店って良いですね。自分で毎日作っているせいか、なかなか、休みの日に行きたくなるようなメキシコ料理屋さんって無いのですが、こちらは、数少ない例外のお店です。ぜひ、また訪れたいです。

 それから、後で気が付いたのですが、こちらのシェフは、以前、アメリカでガーデナー(庭師)をやられていたとおっしゃっていたのを思い出しました。道理でガーデンサラダの盛り付けが美しいわけだ、と思わず膝をたたいてしまいました。それにしても、あのロマネスコという野菜、ガウディみたいですね。

 ちなみに店名の「コマル」とは、メキシコの家庭でトルティーヤを焼いたり温めなおしたりするときに使う丸い鉄板のことです。これが無いとコマル!(笑)というくらいメキシコ家庭の必需品です。

 

 

|

« ソルファナの言葉4 | トップページ | 「ライティング・マシーン」出版パーティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソルファナの言葉4 | トップページ | 「ライティング・マシーン」出版パーティー »