« メキシコ料理がユネスコの無形文化遺産に! | トップページ | セレブとテキーラ »

2010年12月 7日 (火)

今度は「アントヒートス」祭り!

早いもので、もう師走!今年もあとちょっとですね。実感が全然湧きませんが、、、

さて、前回、「伝統メキシコ料理」がユネスコの文化遺産に認定された話を書きましたが、今月は、それを祝してメキシコ庶民の味、アントヒートスを特集しています。アントヒートスとは、トウモロコシの粉を練って作る生地「マサ」を使って作る軽食の総称で、よく知られているタコスやエンチラーダスはその代表です。メキシコには、他にもいろいろな種類のアントヒートスがあって、とても親しまれているので、それらの一部をご紹介したいと思って始めました。

因みに、スペイン語のアントヒートスの意味は、訳すのが難しいのですが、「そそられるもの」みたいな感じでしょうか?いかにも、「美味しいよ!」という感じのネーミングですよね。

では、サルシータの「アントヒートス祭り」のラインアップです。

まずは、「タマレスTamales_edited1」。

マサに豚の背脂から作った自家製ラードを練りこんだ生地の中に、豚肉をグアヒーヨ唐辛子で柔らかく煮込んだ具を詰めて、バナナの葉で包んで蒸しました。メキシコ版の「ちまき」のようなものです。今年の前半に「お勧めメニュー」として出していましたが、反響が良かったので、今ではレギュラーメニューにも載せています。この、バナナの葉を使うのは南部のスタイルで、他の地域ではとうもろこしの皮で包むことが多いです。

Sopes_edited1 次に、「ソぺス」

マサで作ったパイケースに豆のペースト、レタス、茹でた鶏肉、サルサ、カッテージチーズを載せたスナック。外はカリっと、中はモチっとした食感が特徴です。ソぺスはメキシコ全土で食べられていますが、地方によって、いろいろな呼ばれ方をするようです。例えば、ベラクルースでは「ピカダス」、プエブラでは「チャルーパス」、オアハカでは「メメラス」等

 Ceviche_edited2_2 そして、「トスターダス」

トルティーヤを油でパリッと揚げて上にいろんな具を載せたものです。今回、サルシータでは、新鮮な天然物の真鯛をトマトやアボカドとハラペーニョとライムで和えた「セビッチェ」を載せました。こちらは海辺で人気のバージョンです。

Tacos_pescado ご存じ、「タコス」

こちらもお魚を使ったバージョンです。バハカリフォルニアの海辺なんかで食べられる、お魚をフリットにしてレタスのせん切りとマヨネーズ風のソースを添えたスタイル。今回は、割と淡白な白身の魚を使っているので、にんにくとハバネロを加えた自家製のマヨネーズ、「ハバネロアリオリ」とメキシカンサルサを添えました。

Gordita_edited1 こちらは、「ゴルディータス」

直訳すると「太っちょさん」と言う意味で、ちょっと厚めに焼いたトルティーヤを油で揚げて膨らませ、水平に切り裂いて中に具を詰めたものです。サルシータでは柔らかく煮た牛肉とちょっとほろ苦いところが良い走りの菜の花をハラペーニョで爽やかに和えたものを詰めています。

Enchilada 屋台風の「エンチラーダス」

トルティーヤをアンチョ唐辛子のペーストに浸してから高温の油で数秒間揚げた、メキシコの屋台でよく見かけるタイプです。中に鶏肉を入れて巻き、赤や緑のトマトに唐辛子を少し効かせたレストラン風のものに比べると、とてもシンプルですが、本来「エンチラーダス」の意味は「唐辛子に漬けた(トルティーヤ)」という意味なので、こちらがオリジナルのスタイルと言えるのではないでしょうか?ちょっと油っぽいですが、これぞ、メキシコ屋台の味!

Chilaquiles 「チラキーレス」

トルティーヤチップスをトマトのソースで煮た「メキシコ版おじや」。朝食として親しまれている料理ですが、飲んだ後の締めとしてもなかなかだと思います。緑のソースバージョンもあり。チポトレ唐辛子を入れた辛いバージョンもあります。

Quesasillas 定番の「ケサディーヤス」

メキシコでとても人気のあるズッキーニの花を軽く茹でたものをチーズと一緒にはさんで焼きました。優しい味がなんとも言えません。

こんなラインアップでやっています。もちろん、タコスやエンチラーダス、ケサディーヤスなどは他の中身やソースのものもありますし、他の物でも、ご要望があれば、可能な限り対応したいと思いますのでお気軽に仰って下さい。

皆さんのご来店をお待ちしています!そうそう、忘年会のご予約も承っています。こちらも、いろんな我がままに対応しているので宜しくお願いします。

|

« メキシコ料理がユネスコの無形文化遺産に! | トップページ | セレブとテキーラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メキシコ料理がユネスコの無形文化遺産に! | トップページ | セレブとテキーラ »