« 死者の日の祭壇 | トップページ | 犬の力 »

2010年10月19日 (火)

秋のお勧めメニュー

Pera 朝晩が涼しくなってようやく本格的な秋の訪れを感じる今日この頃、、、あれだけ暑かった夏も遠くなりましたね。

 さて、サルシータに明日から登場する秋のお勧めメニューのご紹介です。まずは、

梨と柿のメキシコ風アペタイザー  ¥450

塩とライムと唐辛子の組み合わせがメキシコ人の大好物であることは、度々このブログで強調していますが(笑)、やはりこの組み合わせと、特に完熟するちょっと手前のしゃきしゃきした食感の果物とはとても相性が良い!日本の秋の味覚である梨と柿は、どちらもほのかな甘みと酸味が特徴で、この味付けにはピッタリとハマりました!

 自然の恵みである、季節の果物を、こんな風に楽しむのはとても粋で洒落ていませんか?ぼくは、この味を日本で広めたい!と思っています。唐辛子は日本の鷹の爪に似た風味のアルボルを使っています。食事の始まりの、最初の一皿としては最高だと思います。メキシコ通の方なら肯かれると思いますが、特にテキーラとの相性は抜群です。ビールやきりりと冷えた白ワインとも合いますね。

椎茸のにんにくとグアヒーヨオイル煮 ブリーチ-ズ添え ¥800

Shiitake_2 やはり日本の秋の味覚である肉厚の椎茸をスペイン産のニンニクとメキシコの唐辛子グアヒーヨの旨味と香りを移したオイルでぐつぐつ煮てフランス産の白カビチーズ「ブリー」を加えてさらにオーブンで熱々に仕上げています。スペインのバルの人気タパスに、マッシュルームをカスエラ(土鍋)に入れてにんにくと唐辛子のオイルで熱々に煮たものがありますが、そのイメージで作りました。

食材的には、滋味深い和の椎茸とスペインの皮が紫色で香りの強いにんにく「アホ モラード」、メキシコの旨味の強い唐辛子「グAjo_moradoアヒーヨ」、フランスのマイルドなチーズ「ブリー」と、「味の多国籍軍」といった感じでしょうか?

 ただでさえ美味しい椎茸がグアヒーヨの旨味を吸って、すごく美味になっています。ほくほくとしたにんにく、椎茸とは「カビ繋がり」で相性の良いブリーがとろっと熔けて最高です。

下の写真は、今回使っているスペイン産のにんにくです。小粒ですが、とても良い香りで気に入っています。

|

« 死者の日の祭壇 | トップページ | 犬の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死者の日の祭壇 | トップページ | 犬の力 »