« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

新着ワイン アラモス トロンテス08

あれだけ暑かった夏もようやく終わったようで、9月も終わりに差しかかり、ずいぶん涼しくなってきました。今は、暑くもなく、寒くもない、ちょうど良い時期ですね。この季節が長く続くと良いのですが、けっこうすぐ寒くなっちゃうんですよね。もうナショナル麻布さんではハロウイーンものが売られていたりして、時の流れを感じる今日この頃です。

 そういえば、先週末はお台場で「フィエスタメヒカーナ」が行われたようですね。今年が11年目ということで、実はサルシータと同い年なんですね。メキシコ料理の屋台もけっこう出ていたみたいですね。ちょっとテックスメックス系が多いのが気になったけど(笑)、、、うちも毎年のように出店のお誘いは受けてるんですが、余裕が無くて参加できません。興味は、もちろんあるのですが、、、いつか参加してみたいですね。

760241423 さて、話題は変わって、サルシータに新しく登場したワインの話をしたいと思います。当店では、メキシコ料理屋ということで、メキシコのワインをハウスワインにしていますし、その他のワインもメキシコ中心でいきたいのですが、いかんせん、まだ、日本に輸入されているメキシカンワインは少ない(バハカリフォルニア州に行けば、良いワインはたくさんあるのですが、、、)ということで、スペイン、チリ、アルゼンチン、カリフォルニアなどのワインも取り揃えています。最近、テキーラ、テキーラとばかり言っているようですが(笑)、実はワインも大好きで、辛さばかりを強調しないで素材の味を大切にするサルシータのの料理はワインにもぜひ合わせて欲しいと思っているのです。

 さて、その新しいワインとは、「アラモス トロンテス08」です。トロンテスというブドウの品種は、ぼくも最近知ったのですが、アルゼンチン固有のものらしいです。ぼくは、以前から、この「アラモス」というワイナリーに注目していて、すでにシャルドネとマルベック(これもアルゼンチンの固有種ですね)をとてもコストパフォーマンスに優れていると思い、ワインリストに載せていましたが、このトロンテスにはビックリさせられました。ものすごく果実実に溢れていて、みずみずしい!それでいて甘ったるくなく、心地よい酸味とジャスミンやフレッシュハーブの優雅な香りさえ感じられ、これはもうゴクゴク飲みたくなるワインです。

Img23677032 あまりに素晴らしいので、ネットでアラモスのワイナリーについて調べてみたところ、1902年に現在のオーナーの祖父に当たる方がイタリアからアルゼンチンにやって来て、アンデス山脈の麓、メンドーサ市で始めたワイナリーらしいです。その後、三代の1世紀に渡る努力の結果、アルゼンチンでもトップクラスのワイナリーに成長、2001年には最新の設備を持つ高級ワイン専用の醸造所をオープンさせました。その建物は同社の方針である「革新性」「先進性」の象徴としてアメリカ大陸の文明の中で最も優れた文明を持っていたとされるマヤのピラミッドを模して作られたそうです。(写真)

アラモスは、アンデスの標高差を利用して、いろいろなブドウの品種をその品種に最も適した気候が得られる標高の畑で育てるため、6か所に畑を保有しているそうです。この辺りのこだわりもさすがですね。家族経営の会社らしく、それぞれの畑には、祖父や祖母など家族の名前が付けられていることが多いのですが、その中の一つには「ウシュマル」というマヤの古代都市の名前が付けられていて、メキシコのマヤ文明に対する尊敬の念が伝わってきました。ちなみに、「トロンテス」はなんと標高1695メートルの世界一高いとされるサルタ県のカファイエテにあるワイン畑で収穫されるそうです。あの凝縮された果実実は、この標高による昼と夜の温度差からきてるのでしょうね。このカファイエテの場所を地図で見ると、近くにトゥクマン、アチェラル、カウチャキ、など、あの「歌うアンデス山脈」と呼ばれたフォルクローレの詩人、偉大なるアタウアルパ・ユパンキの名曲「トゥクマンの月」に出てきた地名がすぐ近くにあって感激しました。

テキーラも良いけどワインも良いですね。この秋は「ワインとメキシコ」料理なんていかがでしょう?

 

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

Dsc0003_2少しずつ涼しくなってきたような、今日この頃、、、

先週末はナショナル麻布さんでオーガニック食品のフェアをやられていて、先週のブログでも書いた村上農場さんのとうもろこしの最後の出荷分をなんとか入手することが出来ました。これで、9月のおすすめにした「ウチェポス」、なんとか今週は出来そうです。そして、もう一つのおすすめ料理の 「チレ エンノガーダ」、おおきめのピーマンで代用して作ってます。やはり、本場で使う「ポブラーノ」という唐辛子とは、ちょっと違いますが、中に入れる詰めものとソースは、例年と同じなので、トータルとしては、そんなに見劣りしないと思います。しかし、毎年のことですが、ソースに使う胡桃の薄皮をきれいに剥くのは、けっこう大変ですね。とても時間がかかるので、この時期は、胡桃をお湯でふやかしておいて、ちょっとでも手が空いたら皮を剥くようにしています。ぼくは、それでも毎年やっているので慣れてきましたが、今回初めての新しいスタッフなんかは、けっこう苦労しています。でも、あの皮がきれいにスルッと剥けたときは、得も言われぬ快感なんですよ。けっこうハマると楽しいです。

 写真は、ちょっとボケていますが、先日、メキシコのアボカド生産者の方達がお店に来てくれたときに一緒に撮ったものです。わざわざ、メキシコから送って下さいました。日本で、アボカドをどうやって食べられているのか知りたいと仰ったら、メキシコ大使館の方がうちを薦めて下さったようで、来店されて、サルシータの「グアカモレ」や「カニとアボカドのサラダ」などを食べていかれました。喜んで頂けて、こちらも嬉しかったです。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

UCHEPOS

Uchepo_edited1_2 今年は梅雨時の多雨と夏の猛暑で多くの種類の野菜の出来が悪く、したがって値段も高騰して大変でした。

サルシータでも、よく使うトマトが例年になく高値で、レタスなどの葉っぱものも歩留まりが悪くてけっこう厳しかったです。いつもはご近所のナショナル麻布さんで安くなってるとうもろこしも、今年はそうでもなかったし、、、でも、ナショナルの青果担当の方達とも話したのですが、僕たちレストランや小売店さんも大変だけど、一番大変なのは農家の方達なんですよね。

 そんななか、1週間前に築地でいつもは通り過ぎる、あるカフェの前の出張八百屋さんを覗いてみたところ、とても元気で美味しそうなトウモロコシを発見!北海道の村上農場さんというところが作られているとのこと。さっそく購入してランチ用のポタージュスープにしてみたところ、やっぱり美味い!このとうもろこしで、作ってみたいなと思ったのが、メキシコの中でも風光明媚で独自のユニークな文化を持つことで知られるミチョアカン州の名物料理「ウチェポス」。これは、全国的によく食べられているスナック「タマレス」のバージョンの一つで、生のとうもろこしをピューレにして少量のミルクとバターを合わせて練り、とうもろこしの皮で包んで蒸したものです。一般的なタマレスはとうもろこしを茹でてから轢いた「マサ」から作り、一旦乾燥させたとうもろこしの皮に包んで蒸しますが、このウチェポスはフレッシュな生のとうもろこしを使って作ります。なので、とうもろこしの自然な甘さ、風味を味わえます。タマレスと違って、中に肉などの具を入れないので、まさにとうもろこしを味わう料理といえます。

 作ってみたところ、やはりとても美味しいので、急きょ、「9月のおすすめ」の中の一品としてお出しすることにしました。あと、もう一つ予定していた、先週のブログにも書いた「チレ エンノガーダ」ですが、生産者の方と話してみたところ、やはり猛暑の影響でうまく育たず、いつ出来るか分らないということなので、今年はとりあえず、大きめのピーマンで代用することにしました。ポブラーノチレとは風味が少し違いますが、中身の具やソースは例年通りのものなので、そんなに違和感はないと思います(と期待しています)。

 さて、、、村上農場のとうもろこしですが、ナショナルさんでも取り扱っていました。最近、良い感じのとうもろこしがあるなと思っていたんですが、よく見ると「村上農場」と書いてあるではないですか!さすが、ナショナル麻布さん!そして、気になって村上農場をインターネットで調べてみたところ、農場の方がブログをされていました。こちらです。そして9月11日の記事で、猛暑の影響でとうもろこしの出荷が予定より早く終了と書いてありました。ショック!それにしても、こちらのブログからも、生産者の方の大変さが伝わってきますね。

 とりあえず、いつまでかわかりませんが、品物が手に入るうちは「ウチェポス」、やる予定です。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

 はやいもので、もう9月ですね。とはいっても、この暑さですから、まだまだ、そんな感じはしないですけどね。9月といえば、メキシコでは独立記念日があるので、なんというか、「愛国月間」みたいになっていて、あちこちで国旗を売っていたり、多くの建物が緑、白、赤のメキシカンカラーで飾られてたり、レストランでは、独立を祝う名物料理「チレ エンノガーダ」がメニューに載ったりする時期です。サルシータでも、「チレ エンノガーダ」をやる予定です。材料の「ポブラーノ」という唐辛子が手に入り次第に、、、もう少しお待ち下さい。

 先週の金曜日の早朝に日本テレビの「オハ4!」という番組の「オハナのおトリよせ」というコーナーでサルシータのタコスが紹介されました。その様子はこちらでご覧になれます。実際に早朝に汐留のスタジオに行ってタコスを作ってきました。テレビの収録は何度か経験がありますが、生放送の現場を見るのは初めてでした。やはり緊張感がありましたね。

 あと、先週の「事件」としては、うっかり腕を枕に寝ていて、起きたら左腕が痺れて、ほとんど力が入らなくなったことがありました。今まで、こんなことはあったけれど、30分もすれば治っていたのですが、今回はずっと治らなくて、仕事中大変でした。小さなフライパンが重くて振れないんですから、、、3日くらいすると少しずつ回復して来て、今は半分くらい治りました。念のために今日、お医者さんに行って診てもらったら、神経が圧迫されたのが原因で、ひどいケースだと治るのに3カ月くらいかかることもあると聞かされました。僕の場合はそこまでではないので、もう少し我慢すれば治るだろうということで一安心しました。皆さん、寝る姿勢には気を付けましょう!

Pina_chile 写真は、「唐辛子の入ったパイナップルのシャーベット」です。シャーベットに唐辛子?と不思議に思われるかもしれませんが、メキシコでは普通で、しかも、けっこう美味しいんですよ。メキシコの「アルボル」という鷹の爪に似た唐辛子を使っています。

メキシコの特徴的な7種類の唐辛子を使った7品の料理のコースを考えたときに作って以来、気に入ってたまに作っています。

| | コメント (1)

2010年9月 2日 (木)

明日の朝のテレビ番組でサルシータのタコスが紹介されます!

Tacos_carnita_edited1 久々のテレビネタです。

明日(9月3日)、日本テレビで朝4時から放送予定の Oha!4(おはヨン)というニュース番組でサルシータのタコス、カルニータが紹介される予定です。おとりよせのコーナーで、本日、夜の営業が終わって一息ついたら、実際に日テレに行って作ってきます。

 朝早いですが、起きてる方は見てみて下さい!

あと、今週の世界ふしぎ発見はメキシコみたいですね。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »