« 真夏の夜のブニュエル第二弾! | トップページ | 週刊ポストで紹介されました! »

2010年8月 6日 (金)

ガスパチョ

Gazpacho いやあ、毎日暑いですね。

出勤する朝と帰宅する深夜はいくぶん楽ですが、昼間に買い物や用事で外に出ると、一瞬で汗がばーっと吹き出てくるような猛暑です。

こんな毎日なので、最近はランチで出している「本日のスープ」はガスパチョばかり作っています。ガスパチョはスペイン南部アンダルシア生まれのトマトベースの冷たいスープ。夏野菜のトマトや胡瓜、ピーマンなどは体を冷やす効能がありますし、にんにくや酢なども入っていて、暑さでへばった体を甦らせてくれます。ぼくも経験ありますが、あちらの暑さはハンパじゃない!太陽がこれでもかというくらいに容赦なく照りつける猛暑の毎日でした。だから、皆さん、こんなスープを飲んでなんとか頑張るんでしょうね。あちらではマクドナルドでも売っているくらいポピュラーでした。でも、何故か、スペインに居た時は、そんなにガスパチョ、好きじゃなかった気がする。日本に帰ってきてから好きになって、今では夏には欠かせません。

ちなみに、お店では、メキシコの唐辛子、生のハラペーニョをアクセントに入れて、トッピングにあちらで定番のクルトンや胡瓜ではなく、細く切ったトルティーヤを揚げたもの、アボカド、コリアンダーをのせて「メキシコ風」にしています。

 ガスパチョは一晩くらい寝かせたほうが美味しいので、出す前の晩に作ることが多いのですが、先日、いつものように材料をミキサーに入れて回していたら、(ちなみにとても簡単に、火も使わずに作れるのも良いところですね。)アイポッドから流しているお店のBGMで、ちょうど、ホアキン・サビーナの"MUJERES DE ALMODOVAR"がかかったので、あのスペインの映画監督ペドロ・アルモドバルの傑作「神経衰弱ぎりぎりの女たち」の1シーンが頭の中に甦ってきました。主人公のぺパがガスパチョを作っていて、ちょっとした機転で中に睡眠薬を入れて尋問に来ていた警察官たちを眠らせてしまう、、、という場面でした。いやあ、あの映画、面白かったな、あれは1989年の夏、初めて行ったニューヨークで、この映画が大ヒットしていてこの監督が大好きになり、それから過去の映画を見まくって、新作も公開されるたびに見てきた、ぼくにとっては、ブニュエルと双璧の好きな監督ですね。

 ホアキン兄貴のその歌は、アルモドバル映画の題名をいろいろくっつけて歌詞にしてしまった名(迷?)曲、そういえば、アルモドバルが復帰のきっかけを作ったメキシコの大歌手、チャべーラ・バルガスとホアキンさんは大の仲良しでしたね、、、

|

« 真夏の夜のブニュエル第二弾! | トップページ | 週刊ポストで紹介されました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の夜のブニュエル第二弾! | トップページ | 週刊ポストで紹介されました! »