« 夏のおすすめ! | トップページ | ブニュエルの夜 »

2010年7月20日 (火)

LUCHA FIESTA 2010

2caf1d23s 今日は海の日、暑かったですねえ。

 そんななか、「コロナビール」さんから招待してもらった、日本ーメキシコ友好400周年記念イベントの「ルチャ フィエスタ 2010」にスタッフと行ってきました。

 会場の後楽園ホール近辺は、ちょうど野球のジャイアンツ戦も行われていたこともあって、すごい人!

 恵比寿でレストランもされている、メキシコ歌謡の歌手、サム・モレーノさん率いる「マリアッチ サムライ」の演奏でスタートした今回のイベント、メキシコ大使もリングサイドで観戦されていて、会場は数多くのメキシコ、ルチャリブレファンで埋まっていて大盛況でした。

ぼくにとっては、およそ18年振りのルチャ観戦(日本ではもちろん初めて)でしたが、ルチャドール(レスラー)達のエンターテイメント精神がすごくて、たいへん、面白かったです。

 ルチャリブレというと、昔のマスカラスやタイガーマスクのような「空中戦」のイメージが強くて、確かにそれもすごいんですが、もうひとつ、"LLAVE"(ジャべ:鍵という意味)と呼ばれる関節技もけっこうあるんですね。そして、これが、主催した「ウルティモ ドラゴン」さんが見せたかったルチャの真髄かな、とも思ったのですが、まるで劇のようにストーリー性があって、(そのストーリーの中には、歓喜、苦悶、不正、友情、裏切り、などの実社会にある要素が混沌と組み込まれていて)主役、脇役がそれぞれの役柄を演じきっていて観客を楽しませるということに徹しているところが、メキシコらしいな、と思いました。

 ルチャリブレ、機会があったらまた、見てみたいですね。

 

 

|

« 夏のおすすめ! | トップページ | ブニュエルの夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のおすすめ! | トップページ | ブニュエルの夜 »