« 父の日 | トップページ | 映画イベントやります! »

2010年6月29日 (火)

ワールドカップで思ったこと

 いよいよ、決勝トーナメントに入ったワールドカップ、残念ながら、メキシコは負けちゃいましたね。まあ、アルゼンチン相手だからねえ、しかし、ヨーロッパの強国がどんどん負けていく中、南米勢は強い!こうなったら、同じスペイン語圏の国を応援しようかな?あっ、そうしたら、今度日本とやるパラグアイも応援しないと、、、

 まあ日本にも頑張ってもらいたいですが、、、なんか、パラグアイには負い目を感じてしまうのです。それというのも、パラグアイのエースストライカーで予選でも一番点を取っていたカバーニャス選手が、今年の一月、メキシコシティのバーで酔ったファンからピストルで頭に銃撃を受け、幸いにも一命は取りとめたものの、代表に復帰できなくなった、という事件があったからです。まあ、ぼくも一応メキシコ関連の仕事でご飯を食べさせてもらっているので、とても気の毒に思うのです。

 銃大国のアメリカの隣であるということもあり、メキシコでも銃を保持している人が多いのは大きな問題ですね。何年か前には、日本人の魚屋さんが車のクラクションかなんかのささいなことから銃撃されて命を落としています。その昔、有名なコーラスグループのトリオ・ロス・パンチョスのメンバーの一人もバーでのいざこざからピストルを発射し殺人犯になってしまいました。1994年の大統領選挙で有力な候補だったルイス・コロシオが至近距離から銃撃されて暗殺されたり、、、まあ、これは政治的な問題でもありますけど。

 しかし、今回は「疑惑の判定」も多いですね。後からビデオで見たらミスジャッジは明白なのに、一度下した判定が覆ることはないんですね。まあ、何でも機会で正確に処理出来ちゃうのが現代なので、かえって、こういう完全でない人間のミスを甘んじて受け入れるというアナクロさが良いのかもしれませんね。

 今回の出場国では、密かに中米の国ホンジュラス(スペイン語ではオンドゥーラス)にも期待していたんですが、、やはり、壁は厚かったですね。、カリフォルニアに住んでいた頃、ホンジュラス出身の人達とけっこう一緒に働いていたことがあったのです。純朴な人が多かったですね。

T0008308p94x94 中米から仕事を求めてメキシコを通過してアメリカに不法移民する人達は、依然多いようです。ホンジュラスの若者が仕事が無くてロスでギャング団に入ってしまうことが多いと少し前の新聞で読みました。2009年のサンダンス映画祭で監督賞と撮影監督賞を受賞して話題の今公開中の映画「闇の列車、光の旅」(原題はSin nombre;名前もなく)もホンジュラスからアメリカを目指してメキシコを通過していく少女の話なようです。かなり高い評価を得ている作品のようなので興味ありますね。

 ホンジュラスは、ちょっと前まで、自立出来なくてアメリカの巨大フルーツ企業に支配された中米の小国、いわゆる「バナナ共和国」のひとつと言われていましたが、まあ、今でも大国アメリカに依存している状況は続いているのでしょうか。

 

|

« 父の日 | トップページ | 映画イベントやります! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日 | トップページ | 映画イベントやります! »