« 土佐 しらぎく | トップページ | PICO DE GALLO »

2010年5月31日 (月)

SONORA DINAMITA

五月も、もうすぐ終わりだというのに、肌寒い日が続きますね。地球は温暖化してるんじゃなかったんですかね?寒がりなもんで、今朝も冬用のフリースを着て通勤してしまいました。

さて、先日、このブログを読んでくださっているというあるお客さんから、Sonoradinamitaa 「最近、映画や音楽の話が無くて残念です。」と言われてしまいました。

そう言われてみると、確かにそうですね、最近、仕事が忙しくて私生活に余裕が無いので、新しい映画や音楽に触れることがなかったものですから、、、

そこで、今日は、最近の話ではないですが、ぼくが、20代の頃、海外で暮らしたり旅したりしていた頃に流行っていた南米コロンビアのグループ"SONORA DINAMITA"(ソノラ ディナミタ)について書いてみます。このソノラというのは、スペイン語で、いわゆる、楽団という意味で、ディナミタというのはダイナマイトのことなので、直訳すると「ダイナマイト楽団」という意味になりますかね。

コロンビアのリズムに「クンビア」というのがあって、これは、とても踊りやすくてメキシコでもとても人気のある音楽ジャンルなんですが、彼らは、このクンビアのリズムに乗せてラテン特有のちょっと毒の効いたユーモアあふれる歌詞を歌って、スペイン語圏全体で大人気を博していました。ニューヨークで働いていた頃、同僚のエクアドル人が彼らのカセットをよく仕事場で流してましたし、スペインで、牛追いで有名なパンプローナのサンフェルミン祭りに行ったときに、市長さんが祭りの始まりを宣言した直後の最高に盛りあがった状態の時に入ったバーでは白と赤の伝統的な衣装に身を包んだ若い女の子達が、彼らの最大のヒット曲"EL CUCU"を、お尻振り振りとても楽しそうに踊っていたのを覚えています。(何でお尻振り振り?興味ある方は歌詞を調べて下さい!)

白状しますと、このブログのタイトル"LUCHANDO CADA DIA"も彼らの曲の一節から取っています。"SACA LA MALETA"という曲で、だらしない亭主に怒り心頭の奥さんが毒突いている内容の歌詞なんです。

yo trabajo luchando cada dia
pa' traerte la ropa y la comida
y disfrutas con otra por la calle
sin verguenza dandote buena vida

私は、働いて、毎日闘っている、あなたに服や食事を与えるために。それなのに、あなたときたら、そこらへんの女と好き勝手に遊んでいる。恥知らずでいい気なものね。

こういう内容の後、奥さんが"Saca la maleta y no vuelvas mas"(出て行って、二度と帰らないで)とブチ切れてしまいます。そこに旦那が、「落ち着けよ、気が違ったんじゃないだろ、おい石鹸を食べるな、石を投げるな!」とからむんですが、このへんが情景が浮かぶようで、絶妙でとても面白いんですよ。ラテン的なユーモアですよね。

|

« 土佐 しらぎく | トップページ | PICO DE GALLO »

コメント

初めての書き込み失礼します★

沖縄でメキシコ料理レストランをしているオブリガードと申します。

SONORA DINAMITAの曲、聴いたことはありましたが、歌詞の内容まではチェックしたことがありませんでした!

ラテンの曲はおもしろいですね~。
僕も大好きです!!

投稿: 沖縄オブリガード | 2010年6月 8日 (火) 13時52分

沖縄でメキシコ料理ですか、合いそうですね!
SONORA DINAMITAは、面白い歌詞、たくさん、ありますよ!カリブの音楽は、こういうユーモアあふれるものが多いですよね。WILFRIDO VARGASとか、、、

投稿: moriyama | 2010年6月10日 (木) 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土佐 しらぎく | トップページ | PICO DE GALLO »