« アメリカ人とラード その2 | トップページ | CHALUPAS »

2010年4月26日 (月)

POZOLE

Pozole_2  桜が散っても、いまひとつ本格的な春のような陽気がなかなか来ないですね。そして、気が付けばもうすぐゴールデンウイーク!時が経つのは早いです。

 さて、この前の土曜日に久しぶりに「ポソレ」(POZOLE)を作りました。これは、トルティーヤの原料にもなる大きなそんなに甘くない白いとうもろこしを柔らかく煮たものを、豚でとった旨味たっぷりのスープにどっさり入れた料理で、メキシコではとても人気があります。濃厚な豚のスープはまるで豚骨スープのようで、たっぷり入った大きなとうもろこしはボリュームたっぷりなので、庶民に愛されているところからも、日本でいえばラーメンのような存在でしょうか?

 土曜日のお昼にメキシコに住んでいた経験のある方達のパーティーがあって、そのメニューを考えていたところ、ある業者さんからポソレ用のとうもろこしを入荷したとの報せが入ったので、早速サンプルを取り寄せたところ、なかなか良かったので使わせて頂きました。実は、このとうもろこしがなかなか、手に入らなかったのです。前に缶入りのものを手に入れて作ったことがあるのですが、なにか、缶詰め臭いのが気になって、あまり満足した出来ではありませんでした。だけど、今回のは、真空パック入りなのでその問題は無かったです。

 濃厚過ぎるスープは、あまり好みではないので、出しは豚と鶏の両方でとってみました。そして、一晩冷蔵庫で寝かせてから、上に固まった脂を取り除いてぷるぷるのコラーゲンたっぷりのスープにとうもろこしを入れて煮ました。中に入っている具は、このとうもろこしと出しをとるのに使った豚と鶏の肉をほぐしたものだけですが、別皿に、薄く切ったレタス、ラディッシュ、みじん切りの玉ねぎ、コリアンダー、櫛切りのライム、揚げたトルティーヤを盛って添えます。とうもろこしが甘く香る旨味たっぷりのスープにこれらの具をどさっと入れて、お好みで辛い唐辛子のソースも入れて頂きます。これぞ、メキシコのソウルフード!といった感じでしょうか?頑張って作った甲斐あって本場の味を知るお客様からも「美味しい!」とお褒めの言葉を頂きました。

 

|

« アメリカ人とラード その2 | トップページ | CHALUPAS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ人とラード その2 | トップページ | CHALUPAS »