« カピロターダ | トップページ | エル テソロのマルガリータ »

2010年3月29日 (月)

メキシコ産アスパラガスの鉄板焼き

Asparagus_6   もう桜が咲き始めているというのに、寒い日が続きますね。先週は、すごい冷たい雨が降ったりして大変でしたね。天気のせいか、お客さんは少なめですが、でも、こんな時でも来店して下さる方たちもいるのだから、感謝してます。

 さて、またまた春の新メニューのご紹介です。メキシコ産のアスパラガスを見つけたので、シンプルに鉄板焼きにして、グアヒーヨ唐辛子のソースを添えてみました。メキシコから空輸された元気の良いアスパラとちょっと香ばしい旨味たっぷりのソースが良く合います。

グアヒーヨというメキシコの唐辛子は辛さはそれほど無いのですが、旨味がぎゅっと詰まっていて、ぼくの大好きな調味料です。メキシコ料理では唐辛子を調味料として使うのです。これは、和食において味噌や醤油を使う感覚と同じです。ぼくの感覚では、生の唐辛子は醤油、乾燥させた唐辛子は味噌かな、なんて思っています。そう思えば、この写真の料理は和食で胡瓜にもろみ味噌をつけたものみたいに見えませんか?あと、肉や魚を漬け込むのにアンチョという唐辛子などで「アドボ」と呼ばれるペーストを作ることがありますが、これなんかも和食で肉や魚を味噌に漬けて焼いたりするのに似た感じです。

 日本の居酒屋さんなんかで旬の食べ物をシンプルに料理して食べさせてくれる、そんな感じを狙ってみました。

|

« カピロターダ | トップページ | エル テソロのマルガリータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カピロターダ | トップページ | エル テソロのマルガリータ »