« キッザニア東京 | トップページ | 波除神社 »

2009年12月14日 (月)

TBSテレビ「知っとこ!」に出ます!

Bunuelo あっという間に師走も半分が過ぎようとしています。今年も大詰めですね。いつも思うことですが、年月が経つのは早いですね。

 今年もクリスマスディナーのご予約を承っています。当店でしか味わえないメキシコの伝統的なクリスマス料理をお出ししますので,ぜひ、お越しください。

 そして、実は先週に取材があったのですが、当店のクリスマスディナー、特にデザートに焦点を当てて、TBSテレビの朝の番組「知っとこ!」で,次の土曜日(19日)に紹介される予定です。お料理の紹介だけでなくて、メキシコ人のクリスマスの過ごし方だとか、メキシコの文化、メキシコ人の死生観などについてもけっこう長くお話したのですが、当然、編集が入るでしょうから、どのくらい放送されるかは判りませんが、、、

 写真は、番組で局のアナウンサーの方に食べて頂いたクリスマスの定番デザート「ブニュエロ」です。もともとは、アラブ起源の揚げ菓子ですが、それがヨーロッパに伝わり、そしてメキシコにスペイン人が伝えたものです。ヨーロッパでは、謝肉祭の頃に食べられるのですが、メキシコではクリスマスの時期に食べるのが習慣になりました。黒糖(メキシコではピロンシーヨと呼ばれる)とシナモン、クローブで作ったシロップをかけるのが、メキシコ風です。上に乗っかってる焼き林檎はサルシータのオリジナルです。林檎の酸味が甘いシロップとのバランスを取っています。さらにクリスマスディナーでは、自家製のバニラアイスクリームを上に乗せる予定です。

|

« キッザニア東京 | トップページ | 波除神社 »

コメント

テレビ見ましたよ~!
世界のクリスマスのお菓子ということで、放送はホントにお菓子についてのやり取り部分とおみせのクリスマスディナーの紹介でした。
でもなかなかいい感じに紹介してあったから、「きっとお客さん増えるんじゃないかな?」なんて思ってたんですが。。。どうでした?

森山さんのブニュエロ、すごくサックサクでとってもおいしかったです♪
残念なことにメキシコではブニュエロは食べたことなかったんですが、テキサスのSan Antonio(アメリカで一番メキシコっぽいところ)の屋台で食べる機会がありました。(5月でしたが)
そこではうどん位の太さに搾り出してかき揚げみたいに丸くひとかたまりにして揚げてました。いろんな形があるんですね。

投稿: つばき | 2009年12月30日 (水) 12時54分

テレビ番組の影響はどうでしょうね?少なくとも実感出来る範囲では判りませんでした。最近はグルメ特集が多いので、なかなか効果は薄いようです。ネットもありますしね。ブニュエロはアラブからヨーロッパ経由でメキシコに渡ったもので、メキシコのやつはスペインのものととても似ていますね。ピロンシーヨの蜜をかけるのがメキシコ風ですが、、、メキシコでもベラクルースのブニュエロは真ん中に穴が空いたドーナッツ風で、ペルーの「ピカロネス」というお菓子に似ています。フランスやイタリアにも似たものがありますが、これらはカーニバルの時期に食べられるようです。アメリカ南部には「ソパイピーヨ」という似たお菓子がありますが、これは小さな枕のような形をしています。かき揚げみたいなやつもあるんですね。面白いですね。

投稿: moriyama | 2010年1月 1日 (金) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キッザニア東京 | トップページ | 波除神社 »