« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

A pesar de todo la noche esta buena,,,

Navidad2 今年もいよいよ大詰め、明日が今年最後の営業日で、明後日から5日間のお休みを頂きます。今年1年お世話になりました。来年も宜しくお願いします。

 また、クリスマスのお話をさせて下さい。サルシータでこの時期によくかけるCDにキューバ出身のトロピカル音楽の女王セリア・クルースとベネズエラ出身の人気歌手オスカル・デ・レオンのクリスマスアルバムがあります。両方ともカリブ海の音楽らしい、明るい華やいだクリスマスの音楽です。セリアの元気なクリスマスソングはお店の雰囲気を明るくしてくれますね。でもよく聴いてみると"Mata lechoncito!"(子豚を殺して!)とかいかにも肉食人種らしい歌詞があって、ドキッとします。カリブのクリスマスのご馳走は子豚の丸焼きなんですよね。

 オスカルのほうは、同郷のフォルクローレグループ「コスタ カリベ」の伴奏とコーラスも素晴らしく、オスカルの歌声も宗教色が強い歌だからか、いつもより少し神妙な感じが新鮮で良いですね。今年は特に"La noche esta buena"という曲のリフレインの部分が心に刺さりました。今年は辛いことが多かったけれど今夜は皆で集まってラムを飲んで音楽を奏でて楽しもうよ、といった内容なのですが、サビの繰り返しの部分が”A pesar de todo la noche esta buena”(何はともあれ、今夜は良い夜だ。)なんです。スペイン語でクリスマスイブのことを"nochebuena"と言うのにかけているのですが、今年がこんな年だったので、クリスマスディナーを楽しんでいるお客さんを見ながらこの曲を聴いているとなんとも心に沁みたのでした。

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

クリスマス終わりました!

ブログNavidad1_edited1 年末の大イベント、クリスマスもなんとか無事に終わりました。お疲れ様です!

 今年は例年より少しクリスマスディナーの数が多かったのですが、定番料理は、まあ、毎年作っているので、少し慣れてきたみたいで、なんとかこなせました。メキシコのクリスマスの定番料理"ENSALADA DE NOCHEBUENA"(イブのサラダ)"BACALAO"(塩鱈の煮込み)"ROMERITO"(陸ひじきの煮込み)などは、まあ、おせち料理のようなもので、年に一度しか作らないのですが、毎年、どこかしら気が付くことがあって、ちょっとずつ自分なりに進化させています。こういう料理は、独立記念日に作る"CHILE EN NOGADA"のようにメキシコの大切な食文化なので、これからも大切に作っていきたいと思います。

写真のクリスマス(ミニ)ツリー、ディナーにいらっしゃったお客様から頂きました。緑と赤の飾りがなんとなくメキシコっぽいですか?その右の小さな人形たちは、キリスト生誕の模様をあらわすためにクリスマス時期にメキシコでよく飾られるものです。そばに置いたら、いい感じじゃないですか?

クリスマスディナーに来てくれたお客さんが、ブログに写真と記事を載せてくれていました。いつもきれいな写真をありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年12月22日 (火)

波除神社

 Namiyoke いよいよ年の瀬ですね。世相を反映してか、大変厳しい年になりましたが、なんとか、今年もここまで漕ぎ着けた、という感じです。今週はクリスマスウイークということで、さすがに忙しい週になりそうなので、今日はお店はお休みですが、築地の市場に仕入れに出かけて、来るべきクリスマスメニューの仕込みに追われました。

 普段は足早に通り過ぎるのですが、今日はお店のランチ営業が無いということもあり、市場近くの「波除神社」にお参りに行きました。築地に仕入れに来るシェフや板前さんたちで信心篤い方々は毎回のようにお参りにくるようですが、信仰心の薄い僕は10年も通っているのに、まだ、数えるほどしかお参りしていませんでした。反省を込めて今日はゆっくり時間をかけてお参りしました。神様、来年は宜しくお願いしますよ!

 ところで、この波除神社というのは、今から350年前に建てられたそうですが、この神社の由来は、ここ築地の埋め立て工事の際に荒れる海のお陰でなかなかはかどらなかったところ、ある晩、海に浮かぶ稲荷大神の御神体を発見してそれを祀ったところ、荒れていた海が嘘のように静まり、埋め立て工事がつつがなく終わったということにあるそうです。それ以来、波を静める御利益があるということで、漁師さん達の守り神になっているということです。

 メキシコの守護神は「グアダルーペのマリア」様ですが、このグアダルーペのマリアという神様はもともとスペインのカサレス県にいて、漁師さん達の守り神だったと記憶しています。なにか、メキシコとのつながりを感じてちょっと嬉しくなりました。それから、海に御神体が浮かんでいたというエピソードはキューバの守護神"VIRGEN DE LA CARIDAD"を銅鉱山で働いていたインディオと奴隷が海で見つけたというエピソードに酷似していて面白いものですね。

Curry今朝は珍しく築地で朝ご飯も食べました。築地のお店はどこもそうですが、「中栄」という歴史を感じさせるカレー屋さんです。大盛りの千切りキャベツがついたカレーやハヤシライスが500円という安さ!味もさることながら、お店の人の絶妙な接客ぶりに、たまにしか来ませんが、いつも感心させられます。

| | コメント (2)

2009年12月14日 (月)

TBSテレビ「知っとこ!」に出ます!

Bunuelo あっという間に師走も半分が過ぎようとしています。今年も大詰めですね。いつも思うことですが、年月が経つのは早いですね。

 今年もクリスマスディナーのご予約を承っています。当店でしか味わえないメキシコの伝統的なクリスマス料理をお出ししますので,ぜひ、お越しください。

 そして、実は先週に取材があったのですが、当店のクリスマスディナー、特にデザートに焦点を当てて、TBSテレビの朝の番組「知っとこ!」で,次の土曜日(19日)に紹介される予定です。お料理の紹介だけでなくて、メキシコ人のクリスマスの過ごし方だとか、メキシコの文化、メキシコ人の死生観などについてもけっこう長くお話したのですが、当然、編集が入るでしょうから、どのくらい放送されるかは判りませんが、、、

 写真は、番組で局のアナウンサーの方に食べて頂いたクリスマスの定番デザート「ブニュエロ」です。もともとは、アラブ起源の揚げ菓子ですが、それがヨーロッパに伝わり、そしてメキシコにスペイン人が伝えたものです。ヨーロッパでは、謝肉祭の頃に食べられるのですが、メキシコではクリスマスの時期に食べるのが習慣になりました。黒糖(メキシコではピロンシーヨと呼ばれる)とシナモン、クローブで作ったシロップをかけるのが、メキシコ風です。上に乗っかってる焼き林檎はサルシータのオリジナルです。林檎の酸味が甘いシロップとのバランスを取っています。さらにクリスマスディナーでは、自家製のバニラアイスクリームを上に乗せる予定です。

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

キッザニア東京

Kidzania_2 いよいよ、師走に突入ですね。11月は、今までにもまして、とても厳しい月でしたが、もうこれ以上は悪くなりようがないと信じて、12月は頑張りますので宜しくお願いします。

 今日は久々に子供と遊びました。もう、だいぶ前から約束していたのですが、上の子供と豊洲にあるキッザニア東京にいって来ました。

彼女にとっては、2回目のキッザニアです。幼稚園の終わりに初めて行って、とても気に入ったみたいで、それからは、何かにつけて「キッザニアに行きたい!」と言っていたので、今日は朝からとても嬉しそうでテンションが上がっていました。場所は豊洲、我が家からはちょっと遠いです。日比谷線の日比谷で有楽町線の有楽町に乗り換えて4っめくらい。築地の市場が豊洲に移転するかも、なんて話がありましたが、本当にそうなったら、通うのはきびしいな、なんて思いながら到着。ららぽーとという大きなショッピングモールのなかにあります。不況のせいか、月曜だからか、午後2次だというのに人影まばらなモール内でしたが、3階のキッザニアの前にはたくさんの子供と親たちが列を作っていました。整理券を渡されて3時に指定された場所にいくと、100メートルはあろうかというくらいの長蛇の列が広いモールの通路を縫うように出来ていました。それからすでに1時間ちかくかかってようやく入場。この時点で、こちらはかなり疲れてしまいましたが、子供は期待が大きいからか、へっちゃらな様子です。

実際の企業がスポンサーになって、大人がするような本格的な仕事を疑似体験出来るというこの施設、確かにとても面白そうで、自分が子供の頃にこんなのがあったら、やはり大喜びしてただろうな、と思います。うちの子も絵の具作りから始まって、デザイン工房、病院の新生児科、ピザ屋さん、ネイルにキャビンアテンダントと、6種類の仕事を体験して大満足でした。なんでも、前回は四つしか出来なかったそうで、今回はこれでもインフルエンザの影響か、空いていた!のでたくさん出来たようです。

 こんなすごい人気のキッザニア、実はメキシコが本家なんですね。メキシコシティの中心、チャプルテペック公園に1999年にオープンしているということなので、なんと、サルシータと同い年ですね。すごい!

 写真は、赤ちゃん(人形の)をお風呂に入れたあと、タオルで包んであげているところです。やはり、皆、女の子だからか、とても楽しそうにやっていました。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »