« テキーラメニュー | トップページ | 死者の日、モレアマリーヨ、センパスチル »

2009年10月27日 (火)

メキシカンソウルフード!

Alter_2 毎週日曜の朝に、うちの小学1年と幼稚園の娘たちが、楽しみにしているのが、テレビアニメの「プリキュア」。

 波乱万丈な成り行きに、ハラハラドキドキしながら見入っている様子が可笑しくて、彼女たちのそんな顔を僕は見入ってしまうのですが、昨朝の話でこんなのがありました。

 車で移動するドーナッツ屋さんをやっているかおるちゃんというおじさん!にヒロインの一人が相談しているところ。「かおるちゃんは、お店をやってて辛くて辞めたくなったことないの?」と聞かれた彼は、「あるよ。お客さんが全然来なかったときとかね、でもね、そんなときは、おれのドーナツ食べて喜んでくれたお客さんの笑顔を思い出すんだ。そしたら、やっぱり頑張ろうとまた思えるんだ。」と答えていました。それを見て、なかなかいいこと言うな、と思って出勤した昨日。

ランチタイムは、とても静かだったのですが、閉店ちょっと前にお客さんが5,6組どどっと駆け込んで来て、その中に中年のメキシコ人カップル2組がいました。彼らは、ソぺ、ケサディーヤ、トルティーヤスープ、エンチラーダなどのメキシコ人が大好きな定番の食べ物を次々と頼んでは、平らげ、「とても美味しい!」と大喜び、出て行ってお話を聞いてみると、彼らは上海に住んでいて、東京には旅行で来ているとのこと、久々に旨いメキシコ料理を食べたと感謝され、こちらもとても嬉しかったです。

 そしてディナータイム、10人のメキシコ人のグループがやって来て、ソぺ、フラウタ、ケサディーヤ、エンチラーダなどをたくさん注文して、すごい勢いで平らげていきます。他のスタッフと、「こんなに食べられるのかな?」と言っていたくらいの量だったのですが、楽しそうにお喋りしながら、最後に頼んだモレまですべて完食。「ゴチソウサマ!」と言って明るく帰って行きました。

改めて思いましたが、彼達は、ケサディーヤ、ソぺ、フラウタやエンチラーダ(もちろん、タコも)といったアントヒート(とうもろこしから作る生地で作る軽い食べ物)が大好きなんですね。これぞ、まさにメキシコ人にとってのソウルフード!僕は、サルシータをこういうものが確実に美味しい店にしたいと常日頃から思っていたので、こういうふうに喜んでもらえてとても嬉しかった。これこそが、かおるちゃんが言っていたことだったんですよね。

*写真は、「死者の日」に備えて作った今年版の祭壇です。

|

« テキーラメニュー | トップページ | 死者の日、モレアマリーヨ、センパスチル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テキーラメニュー | トップページ | 死者の日、モレアマリーヨ、センパスチル »