« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月15日 (火)

名物に旨いものあり!

Nogada  あっという間に過ぎて行った今年の夏、、、もう秋の気候ですね。気持ちを切り替えていかないと。

 今日、買い物で渋谷のLOFTに出かけたら、もうハロウイーン物を売っていました。それから2010年版の手帳も、、、世の中の流れは速過ぎる!

 メキシコ的には、9月は16日に独立記念日というビッグイベントがあります。植民地になったことのない日本ではあまり実感が湧かないけれど、植民地時代を過ごしてきたアメリカ大陸の国々では、とても大事な日になっています。ところで、この日というのは、メキシコが独立を勝ち得た日ではないって知ってました?実はメキシコの独立は、イツビルデというスペイン側の将軍が独立派に寝返ってあっけなく決まってしまったため、あまり劇的な成立のしかたでは無いんですね。それだからか、この9月16日は、独立戦争を始めたイダルゴ神父がグアナフアト州のドローレスの教会で民衆を前に独立への闘いを宣言した「エル グリト」(叫び)を行った日なのです。その史実を踏まえて、今も15日の夜(グリトが行われたのが16日未明だったため)になると時の大統領がソカロ(中心広場)に集まった群衆に向けて"Viva la independencia"(独立万歳)と叫ぶ慣わしがあります。

 サルシータでは、好評だった去年に続いて、今年も独立記念日のご馳走「チレエンノガーダ」を発売しています。今年は千葉から「ポブラーノ」というメキシコの唐辛子が届いたので味は更にステップアップしています。独特の苦みと辛さが主張過ぎない程度にあって、これで、肉の旨み、フルーツの甘みと酸味、ナッツ類の滋味、ソースのクリーミーさとのバランスが非常に良くなりました。メキシコで食べると意外にアタリが少ない料理で「名物に旨いもの無し」という日本の諺を思い出してしまうこともありましたが、今年のサルシータバージョンは本当にお勧めですよ。22日くらいまではお出し出来ると思うので、この機会に是非どうぞ!Cuitlacoche1

そういえば、先週、東京MXテレビの番組でうちのケサディーヤクイトラコチェが紹介されました。こちらも、知る人ぞ知る、メキシコの名物ですね。

まだ、知名度が低く、なかなか出ませんが、こういう希少な料理を提供していくのもサルシータの務めだと思って続けています。

これを機会にもっと知ってもらえるとうれしいです。

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

新物アボカドとアボカドオイル

017_2  ちょっと前から、出回っているアボカドが新物になっているのに気付きましたか?

 玉ねぎやジャガイモのように、アボカドも新物の時期があります。ちょっと前までは、だいたい7月くらいだったのですが、世界的な気候不順の影響か、最近は遅くなっている気がします。

 そして、今年は、つい最近、新アボカドに切り替わりました。このアボカドはくどさは無いのですが、コクに乏しく、ちょっと青臭くて果肉もスカスカ気味なのが、難点です。個人的には、ハッキリ言ってあまり好きではありません。出来れば、他のメニューを食べて頂きたいと思うほど、、、

 でも、メキシコ料理屋で、アボカドが無いというのは、お寿司屋さんでマグロが無いみたいなもので、たいていのお客さんは納得してくれません。だから、毎年、この時期は、頭が痛かったんです。常連さんにグアカモレを頼まれて、「今は止めといたほうが良いですよ。」なんて言ったこともありました。

 ところが!今年は強力な味方を発見!ナショナル麻布さんで見つけた"ROCIO DEL BOSQUE"(森の雫)という名前のアボカドオイルです。うちで使っているアボカドと同じ、アボカドの最高品種とされるメキシコはミチョアカン州のハース腫を搾って作っているためか、うちのアボカドと相性バッチリ!です。これを数滴垂らすだけでグアカモレの味が数段アップしました。これで、今年は憂鬱な思いをしなくて済みそうです。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »