« メキシカンカラーのお花 | トップページ | 新物アボカドとアボカドオイル »

2009年8月31日 (月)

反乱するメキシコ その3

Insurgent 予想されていたとはいえ、ここまでの民主圧勝とは思いませんでした。まさに、前回の郵政選挙からオセロの白と黒をひっくり返した形になりましたね。

 そして、前回と違うのは、今回は野党が単独で圧倒的過半数を獲得した、という点でしょう。内閣も、大臣になるの初めて、といった人達で組むのでしょうし、民主に、本当に、政権を運営できる能力があるのか?というのも、正直、未知数だと思います。それでも、自民党、公明党、そして官僚による統治は、もう懲り懲りだという国民の意思表示なんでしょう。

 そこで、思い出しました。ジョン・リードの「反乱するメキシコ」。すっかり、ご無沙汰していました。メキシコ革命というのは、40年近くも続いたディアス政権を打ち破った、という点で、長く続いた自民党支配を打ち破った今回の選挙に状況が似ていますね。

 メキシコ北部、チワワ州で、政治を牛耳っていた富裕な支配者たちを追い出して州知事の椅子に座ったのは、無学で、20年もお尋ね者だった元山賊の首領のパンチョ・ビリャでした。ジョン・リードは、その頃のビリャに密着取材して、彼を純朴で愛すべき男として描いています。

「ビリャはチワワ州の軍政官を名乗り、30万人のための新政権を、知力をかたむけて創設するという途方もない実験―なぜなら彼はそんなことに何の知識もなかったのだから―を開始した。」

「金持ちには広大な土地所有が認められ、貧乏人には認められないのはなぜなのか、どうしても理解できなかった。」

 ビリャは、本当に政治というものに疎かった、そして、なにしろ、ちょっと前まで山賊だったため、何のしがらみも無かった。だからこそ出来ることを、ほとんど、無邪気に、実行していきます。

 ビリャの新政権を信用しない金持ちたちは銀や銀行券を地下に隠匿してしまい、通貨不足が起きます。そこで、「必要なのが金だけならば、少し印刷しよう。」と新しい通貨を印刷し、自分のサインをして流通させてしまいます。それで人々が市場で食料品が買えるようになるのですが、それでもなお、メキシコ政府銀行券や銀貨は地下から姿を現しません。革命のための武器や補給品を買うためにそれらを必要としていたビリャは、二月十日以降はメキシコ政府銀行券や銀貨を贋金とみなす、それまでにビリャ紙幣と交換するようにと宣言を出します。それでも、なお、金融業者や金持ちたちはこれをはったりとみなし、がんばります。しかし、ビリャは二月十日になると、今後すべてのメキシコ政府銀行券と銀貨は贋金とみなすという貼紙を州中に出してしまいます。

 数日後、リードとビリャが昼食をとっている時に、村の金持ちたちが抗議にやってくると、ビリャはこう言い放ちます。「お前たちは、わしの政府は長続きせんと決め込んで、いろりの下に穴を掘り、銀貨と銀行券を埋めた。最初の布告も、チワワ市街に張り出された翌日には知ったが無視した。「贋金布告」もすぐにわかったのだ。もし必要になったら、いつでも交換できると考えた。だが、やがてびっくりして、村でいちばんかねを持っているお前ら三人が、ラバに飛び乗ってここへやってきた、というわけだろう。諸君!諸君の金は贋金だ。お前らは、もう一文無しだわ!」

 痛快ですね。民主党にもこれくらいやってもらいたいなあ。

|

« メキシカンカラーのお花 | トップページ | 新物アボカドとアボカドオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メキシカンカラーのお花 | トップページ | 新物アボカドとアボカドオイル »