« cccccccc | トップページ | CD総入れ替え! »

2009年5月 7日 (木)

テキーラの飲み方

Tequila_senor やっと連休が終りましたね。

 ゴールデンウイーク中は、休み無しで営業しているので、だんだん、曜日の感覚が無くなってきました。

 メキシコ発のインフルエンザの影響でお客さんが来なくなるのでは?と心配しましたが、そんなに影響は無かったみたいです。そんなに忙しいわけでもないけれど、ぼちぼちの入りでした。

アメリカ人が祝うメキシコの祝日、5月5日は、予想通りアメリカの方達が、たくさん来店されましたが、けっこう、この日は何か特別なサービスを期待される方が多いのですね。去年のブログで書きましたが、実は、メキシコではそんなに大騒ぎする日ではないのですが、せっかくなので、来年から何か考えてみようかな?と思いました。

 ところで、、、先日、恵比寿時代からの常連のお客さんとお連れの女性の方とお話していたら、昔、その女性のお客さんがテキーラボンバー(ショットグラスにテキーラとソーダを半々に入れて、それをテーブルに叩きつけてシュワーとなったところを一気に飲み干す、という飲み方)を頼んだら、ぼくが「うちにあるテキーラは美味しいものばかりなので、そんな飲み方はしないで下さい。」と断った、とのこと。どうも、コワイ人、みたいな印象を持たれていたみたいです。 そういえば、あの頃は、たいてい、そんな対応をしていたような、、、今だったら、お勧めはしなくても、お断りはしないかも、とも思いますが。

 そんな話から、テキーラは本当はどうやって飲むのがおいしい飲み方なのか?という話になりました。うちも含めたいていのお店では、テキーラを頼むと、一緒に塩とライムが出てきますが、あれはどういう順番で口にするのが正しいのか?先に塩を舐めて味蕾(舌にある味を感じる器官)を開いてからテキーラを飲み、ライムで口をさっぱりさせる、という人。人差指の付け根に塩を置いて、そこにライムを搾って舐めてからテキーラ、という人、まずテキーラを口に流しこんでから塩とライムで追いかけるのが正しい、という人。メキシコには、サングリータ(サングリアではないですよ)というトマトジュースを酸っぱくスパイシーにしたような、テキーラ用のチェイサーもあります。

 ぼくの結論。おいしいテキーラがあれば、塩もライムも要らない。塩とかライムとかは、安価なテキーラをなるべく美味しく飲むための知恵じゃないですかね。塩を舐めた後だったらテキーラを甘く感じるし、ときとしてアルコール臭い後味もライムでさっぱりと断ち切ることが出来るし、、、うちはお店だから、こだわり抜いたずいぶん高いテキーラも置いていますが、日常的に飲むようなタイプのテキーラだったら、こんな飲み方で良いと思います。

ただ、うちでお勧めしている芸術品のような珠玉のテキーラだったら、それだけでじっくり味わうのがベストじゃないですかね。もちろん、一気飲みなどもってのほか。ゆっくり味わって、たまにライムを齧って口をさっぱりさせたり、美味しい塩(うちでは、沖縄の「青い海」というのを使っています。)をちょこっと舐めたり、というのが良いのではないでしょうか?

|

« cccccccc | トップページ | CD総入れ替え! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« cccccccc | トップページ | CD総入れ替え! »