« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月20日 (水)

Y VUELVE OTRA VEZ!

Vuerve_otra_vez  新型インフルエンザ、遂に本格的に拡がり始めたようですね。関西では大変なことになっていますが、このぶんでは、関東で拡がるのも時間の問題のような気がします。

 ぼくも、通勤の電車ではマスクをするようにしました。お店を休めないのでね、、、実は、働き出してから、もう20年以上、健康上の理由で仕事を休んだことがないのが、ささやかなぼくの自慢です。

 それは、さておき、やはり、ゴールデンウイーク明けは、お客さんが減って、とても静かです。ただでさえ、この大不況で去年より売上が落ちているので、けっこう深刻です。インフルエンザの影響とは思いたくないのですが、、、

 そんななか、先週は恵比寿時代からのお客さんたちが、よく足を運んで下さいました。とてもありがたいです。こんな方たちの期待にこたえるために、腐らず、こつこつと頑張っていきたいです。

 さて、こんなぼくに最近元気を与えてくれているのが、サルサの大御所ウイリー・コロンのこのアルバムです。95年発売の「Y VUELVE OTRA VEZ!」 

 「AMERICAN COLOR」、「HECHO EN PUERTO RICO」とシリアスな内容の傑作が二つ続いた後のこの作品で、ウイリーさん、今度は昔の悪ガキに戻ったように、思いっきり弾けちゃってます。冒頭の軽快なナンバーは、役立たずと家族や親戚から疎んじられた男が宝くじに当たったとたん、世間の扱いが180度変わって巻き起こるドタバタ騒ぎを皮肉なユーモアたっぷりに演じきっています。悲喜劇に巻き込まれた男に出演を依頼する、ラウル・ベラスコ(シエンプレ エン ドミンゴ)、ベロニカ・カストロ(モビダ)、ドン・フランシスコ(サバド ヒガンテ)など、当時の人気バラエティショウ(今でもあるのかな?)の司会やそれらに出演していたであろう、トニー・ベガ、ヒルベルト・サンタロサ、グルーポ・ニーチェなどなど人気ミュージシャンの名前が出てくるところもリアルで面白い。

 タイトルのY VUERVE OTRA VEZ!(さあ、もう一度!)は、このアルバムが出る2年前に失意のうちに亡くなった、10代の頃からの盟友、エクトル・ラボーが、ライブの時に使っていた決め文句から取っています。ベテランの域に達していながら、シリアス路線から、一転、悪ガキ路線に転じたのは、エクトルを偲び、彼とやっていた頃をもう一度、思い出そうとするようなウイリーの心意気が感じられるのです。やはり、実の妹を亡くした後に出したアルバム「FANTASMA」は、とても内省的な内容だったのとは対照的です。そういえば、「FANTASMA」の最後の曲は、家族の故郷プエルトリコを昔ながらの美しい島と憧憬する内容だったのに対し、このアルバムの最後の曲は、近代化によって土地も人の心も荒廃していくプエルトリコを嘆き、怒っている内容になっているのも印象的ですね。

 このアルバム、曲の途中で、ウイリーがボソッとつぶやくところが何箇所かあるのですが、それが、自分に語りかけられているようでしびれます。(自意識過剰!)

 例えば、富と名声を手に入れるために、多くの人を踏みつけてのし上がった男のことを歌った歌の途中で、"Yo sigo pa'lante, y tú?,,,gozando!"(俺は、前向いて進んでるよ、それでお前は?(俺は)楽しんでやってるよ。) 

 愛することの切なさを歌った歌では"Cogelo suave amigo, que la vida es traicionera."(気楽に行こうよ。人生は裏切り者なんだから。)"Al mal tiempo, buena cara. Así decia mi abuela"(悪い時こそ、良い顔を。お婆ちゃんが言ってたな。)

 数々の苦難を乗り越えてきた男だからこそのこの渋いセリフ、言い回しも、いかにもニューヨークのプエルトリカンらしくて、ぐっと来ますね。ウイリーさんは、この一つ後のアルバム「DEMACIADO CORAZON」(これも傑作)を最後に引退してしまったのですが、もう一度、こんなウイリー節を聴きたいものです。

 Por favor, vuerve otravez!

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

CD総入れ替え!

Cd  ゴールデンウイークも遂に終りましたね。先週は休み無しだったので、今日は久々のお休みでした。昔は、1年間休み無しでも平気だったのに、年のせいですかね、体がクタクタになっていました。

 豚インフルエンザの影響があるかな?と思っていましたが、実感としては、そんなに感じられませんでした。そんなに忙しかったわけでもないけれど、このご時世ですからね。こんなものでしょう。

そういえば、先日、こんなことがありました。終電で最寄りの駅に着いて、帰宅途中、自転車に乗った二人組みのお巡りさんに呼び止められ、「すいませんが、この近くで事件がありまして、ご協力願えますか?」訊けば、「公然わいせつ」の事件だとか!ちょっと前に話題になった事件がありましたよね(笑)。なんでも、犯人とそのときのぼくの服装がすごく似ていたとか!まあ、すぐ済むだろうと思って、身分証明書を見せて職業とか自宅の場所とか話していたのですが、10分過ぎても開放してくれない、こっちも疲れているので、遂に頭にきて、「いい加減にしろ!」と怒鳴ってしまいました。そしたら、あちこちから他の警官達が現れて、5.6人ほどに囲まれるはめに!、「別に他人に危害を加えてるわけでもないし、ほっといて、他の凶悪事件とかに力を入れたら?」などと話していたのですが、「いや、小さな事件が大きな事件につながるので」とか言って放してくれない。結局、一番偉そうな私服の刑事さんが来て「もういいよ」と開放してくれましたが、20分くらい夜中に拘束されてしまいました。まったく!そんなに怪しくみえますかね?あまりに頭にきたので、別れ際に、「真面目に仕事しろ!」と怒鳴ってしまいました。そうすると、一人のお巡りさんが「真面目にやっていますよ。」と小声で言い返しているのが聴こえました。

 閑話休題。 今日は休みでもお店に行って業者さんの支払を済ませたり、外に飾ってあるメキシコ国旗を洗ったりと雑務をこなしました。そして、お店のCDを総入れ替え!しました。最近、どうもマンネリになっていたので。スタッフがいつもかけていた、フリエッタ・べネガス、マヌー・チャオ、ロス・ファブローソス、カフェタクーバ、ホアキン・サビーナ、「イ トゥ ママ タンビエン」や「アモーレス ぺロス」のサントラ盤などを全て撤去!家の屋根裏部屋から、ウイリー・コロン、エクトル・ラボー、ビクトル・ビクトル、ファン・ガブリエル、アナ・ガブリエル、マタモロス、アルセニオ・ロドリゲスなど、昔良く聴いていたものを引っ張り出して来ました。明日からまた、新しい気分で頑張りますよ!

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

テキーラの飲み方

Tequila_senor やっと連休が終りましたね。

 ゴールデンウイーク中は、休み無しで営業しているので、だんだん、曜日の感覚が無くなってきました。

 メキシコ発のインフルエンザの影響でお客さんが来なくなるのでは?と心配しましたが、そんなに影響は無かったみたいです。そんなに忙しいわけでもないけれど、ぼちぼちの入りでした。

アメリカ人が祝うメキシコの祝日、5月5日は、予想通りアメリカの方達が、たくさん来店されましたが、けっこう、この日は何か特別なサービスを期待される方が多いのですね。去年のブログで書きましたが、実は、メキシコではそんなに大騒ぎする日ではないのですが、せっかくなので、来年から何か考えてみようかな?と思いました。

 ところで、、、先日、恵比寿時代からの常連のお客さんとお連れの女性の方とお話していたら、昔、その女性のお客さんがテキーラボンバー(ショットグラスにテキーラとソーダを半々に入れて、それをテーブルに叩きつけてシュワーとなったところを一気に飲み干す、という飲み方)を頼んだら、ぼくが「うちにあるテキーラは美味しいものばかりなので、そんな飲み方はしないで下さい。」と断った、とのこと。どうも、コワイ人、みたいな印象を持たれていたみたいです。 そういえば、あの頃は、たいてい、そんな対応をしていたような、、、今だったら、お勧めはしなくても、お断りはしないかも、とも思いますが。

 そんな話から、テキーラは本当はどうやって飲むのがおいしい飲み方なのか?という話になりました。うちも含めたいていのお店では、テキーラを頼むと、一緒に塩とライムが出てきますが、あれはどういう順番で口にするのが正しいのか?先に塩を舐めて味蕾(舌にある味を感じる器官)を開いてからテキーラを飲み、ライムで口をさっぱりさせる、という人。人差指の付け根に塩を置いて、そこにライムを搾って舐めてからテキーラ、という人、まずテキーラを口に流しこんでから塩とライムで追いかけるのが正しい、という人。メキシコには、サングリータ(サングリアではないですよ)というトマトジュースを酸っぱくスパイシーにしたような、テキーラ用のチェイサーもあります。

 ぼくの結論。おいしいテキーラがあれば、塩もライムも要らない。塩とかライムとかは、安価なテキーラをなるべく美味しく飲むための知恵じゃないですかね。塩を舐めた後だったらテキーラを甘く感じるし、ときとしてアルコール臭い後味もライムでさっぱりと断ち切ることが出来るし、、、うちはお店だから、こだわり抜いたずいぶん高いテキーラも置いていますが、日常的に飲むようなタイプのテキーラだったら、こんな飲み方で良いと思います。

ただ、うちでお勧めしている芸術品のような珠玉のテキーラだったら、それだけでじっくり味わうのがベストじゃないですかね。もちろん、一気飲みなどもってのほか。ゆっくり味わって、たまにライムを齧って口をさっぱりさせたり、美味しい塩(うちでは、沖縄の「青い海」というのを使っています。)をちょこっと舐めたり、というのが良いのではないでしょうか?

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

cccccccc

Margarita_6 ゴールデンウイークに入りましたが、皆さん、海外に出かけたりするのでしょうか?

 新型インフルエンザの世界的な流行が懸念されているときに、この時期が当たるなんて、最悪のタイミングですよね。

 メキシコへの飛行機も飛ばなくなるみたいで、メキシコ大使館主催で予定されていた、黒沼ユリ子さんの門下生達を迎えてのメキシコ音楽祭も中止になったようです。また、新日本プロレスに参戦予定だったメキシコの人気レスラー、ミスティコも来日中止になったようです。これには、観戦を楽しみにしていたうちのスタッフ達もがっくり、のようです。

 うちの店にも、新聞社、テレビ局、通信社などから連日のように取材の電話がかかって来ました。商売に影響はあるのか?とか聞かれます。しかし、今のところ、目だって影響はみられませんので、そういうふうに答えています。彼等にしてみれば、「この騒ぎのお陰で、売上が下がって困っている。」とでも答えたほうが、記事にしやすいのでしょうが、実際、感じたままを伝えています。

 写真は、仕事に行く道すがらに咲いている、マーガレット?の花です。桜はあっという間に散ってしまったけれど、この花はずっと可憐に咲いていて、心を癒してくれます。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »