« メキシコの大女優達 | トップページ | リベラとポサーダ »

2008年11月19日 (水)

ルイス・ブニュエルにとってのメキシコ

Los_olvidados 秋も深まって参りました。もう街にはクリスマスツリーが飾られていますね。さすがに、まだ、忘年会には早いと思うのですが、最近、サルシータでは20名以上でパーティをされるお客さんが、増えています。さすがに、東京屈指の国際的な街、広尾だけあって、様々な人種の方達が混じったパーティが多いですね。

 折からの金融危機からか、最近、客足が伸びていなかったので、有り難いことです。先週の金曜日も、近くに住んでるらしい方々のパーティが有り、大変、盛り上がっていました。パーティが終ったあと、大勢の方達がキッチンに、「美味しかったよ。ありがとう。」と言いに来てくださり、感激しました。

 皆さんが、楽しそうにしているのを、お手伝い出来る、この仕事は、やはり、きついけど良いものだと思えます。

さて、昨日は、メキシコ講座で、東京大学の教授の野谷文昭先生の、映画監督ルイス・ブニュエルについての講義を受けてきました。

 スペイン生まれのシュールレアリスト、ブニュエルは、親友で画家のサルバドール・ダリと共同で、記念碑的な作品「アンダルシアの犬」を撮った後、スペイン内戦の煽りを受けて、メキシコに亡命してきます。メキシコでは、ヨーロッパで撮ったような芸術性の高い作品は要求されず、生活のために、一般大衆の望むような、解りやすいコメディや大衆劇を撮らざるを得なくなるのですが、それでもどこかに自分らしさを出していくというアーチストとしての姿勢は崩さなかった。ヨーロッパに比べると質の落ちる設備、資金面でも苦労したようです。ぼくの好きな作品の「昇天峠」や「砂漠のシモン」などが、実は未完成だったこと、恥ずかしながら知りませんでした。そう言われれば、ずいぶん、唐突な終り方でしたよね。名作が、資金難から未完成に終るところは、やはり、メキシコで創られた岡本太郎さんの「明日の神話」みたいですね。野谷先生によると、彼の映画人生は、常に、(自分の美学を保ちつつも)異質なものにアダプトしていくものだった、と。メキシコで撮っていても、彼の美学の中心にあった、ドン・キホーテに代表されるヨーロッパの中世的なものについての憧憬を、映像の中に閉じ込めている。この彼の姿勢には、とても共感するものを感じました。

 あの天才と、自分を比べるのはおこがましいかぎりですが、恵まれない状況においても、自分らしさを保ち続ける、という点では、ある意味、今のぼくの状況に似ていると思ったのです。メキシコ料理といえば、アメリカ風のチーズと豆とチリパウダーのどっさり入ったものが主流の、この国で、敢えて本場のメキシコ料理で勝負しようというところとかが、、、

 はっきり言って、テックスメックス系の料理が大好きな人の多いこの場所で、ファヒータスなどのメニューを置かないのは、広島駅の御土産物でもみじ饅頭を置かないのと同じくらい、商売っ気のないことかもしれません。でも、そういうことを、敢えてするのが、ブニュエル的、或いは、ドン・キホーテ的な美学なのでしょう。

|

« メキシコの大女優達 | トップページ | リベラとポサーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メキシコの大女優達 | トップページ | リベラとポサーダ »