« TRAVEL DINNER | トップページ | チレ エンノガーダ »

2008年9月17日 (水)

CHILE EN NOGADA

去る15日は、メキシコの独立記念日でした。この時期になると、メキシコ中のレストランが競うように作る料理があります。それが、「チレ エンノガーダ」という料理です。

あの「モレポブラーノ」と肩を並べるほどの名物料理ですが、作られるのが、この時期限定だからか、そんなに外国では知られていないようです。モレと同じく、プエブラの修道院の尼さんが創ったと言われていて、ポブラーノという大きなピーマンのような唐辛子にスパイスを効かせた挽肉、桃、レーズン、ナッツなどを詰めて、胡桃とチーズのクリーミーなソースをかけてザクロの実とパセリの葉っぱでメキシコの国旗の色に飾ったものです。

その名物料理を、21日まで限定でお出しすることにしました。詳しくは、サルシータのホームページをご覧下さい。

|

« TRAVEL DINNER | トップページ | チレ エンノガーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TRAVEL DINNER | トップページ | チレ エンノガーダ »