« 野谷文昭先生 | トップページ | お盆休み »

2008年8月 4日 (月)

NOCHE DE BODA(婚礼の夜)

519msj3jul  今、朝の9時半から夜の12時半まで、連日の15時間労働の最後の数分に独りぼっちの店内でかけて癒されている曲があります。

 スペインの不良オヤジロッカー、ホアキン・サビナ兄貴が、メキシコ(生まれたのは中米らしいが)の生きる伝説的なお婆ちゃん歌手、チャべーラ・バルガスさんとデュエットしている"NOCHE DE BODA"。

 チャべーラさんが酒で潰れたガラガラ声を振り絞って、思いっきりメキシコ風味ぷんぷんのスペイン語で、ホアキンに愛情たっぷりに語りかける(というか茶化してる)長い台詞で、始まり、やはり、酒と煙草で潰れた渋い声のホアキン兄貴の、お得意のつぶやくような歌が始まる。

「化粧が、君の笑みを隠さなければいいのに」「荷物が、君の翼に重しを付けなければいいのに」「暦が、そんなに急いで来なければいいのに」「辞書が弾丸を引き留めればいいのに」、、、以後、「角のバーが閉まらなければいいのに。」「全ての夜が、結婚式の夜だったらいいのに」といった他愛の無い願いから、「真実がそんなに複雑でなけれいいのに」「嘘が嘘らしく見えればいいのに」といった、社会を鋭く風刺したような願いまでが次々と唄われていく。

その中で、一番ぼくの胸を打つフレーズはこれ、 "que ser valiente no sea tan caro, que ser covarde no valga la pena"(勇敢になることがそんなに高くつかないように、臆病になることにそんなに意味がないように) 

メキシコ民謡「ランチェラ」の名歌手として一世を風靡しながら、その奔放な生活と酒のせいで長ーい療養期間を余儀なくされ、引退状態から、老境にさしかかってから奇跡的なカムバックを果たして新たな録音や映画出演などに大活躍しているチャべーラさん。

スペインの保守的な南部の町の警察署長の息子として生まれながら、専制政治に反逆し、銀行に火炎瓶を投げつけて、若くして亡命者となったホアキン兄貴。

 時代に流されず、自分の信念を貫いて、長年闘い続けてきた二人が唄うから、このフレーズが、より重みを持って聴こえるのでしょうね。

 ちょっと前に、「品格」という言葉が流行って、一つの本がバカ売れしたら、二匹目、3匹目のドジョウとばかりに、「~の品格」という本やテレビ番組が作られていましたが、そんな流行りの尻馬に乗って儲けさせてもらおうなんていう見え透いた思惑の、どこに「品格」があるのか。

 本当の「品格」というのは、長い辛い時代にも負けずに、世間に迎合せずに孤独に自分を貫き通した彼等にこそ相応しいのだと思います。そんな彼等(特にチャべーラさん)が、子供に還ったような無邪気さで、色々な願望を次々と唄っていくこの曲で、長い1日の終わりに癒されています。

|

« 野谷文昭先生 | トップページ | お盆休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野谷文昭先生 | トップページ | お盆休み »