« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月23日 (水)

野谷文昭先生

Photo サミットも終わり、大使館関係の方々は夏のバケーションに出られたのか、比較的、静かな毎日が続いています。まあ、何人か去っていったスタッフもいて、それを補う人の補充が出来ていないので、それなりにバタバタした日々なのですが、、、

 そんななか、今日は嬉しいことがありました。尊敬するラテンアメリカ文学研究の第一人者、野谷文昭先生のゼミの打ち上げに料理を提供することが出来たのです。このブログで、いつか、野谷先生の著書を愛読していると書いたことがあったのですが、それを先生のお弟子さんが読んでくれていたみたいで、今回、お料理の注文を承ったしだいです。

 当店の人気メニューの「コチニータピビル」と「鶏のモレポブラーノ」を作らせて頂きましたが、お気に召していただけたでしょうか?

 改めて、本棚を見てみると、先生の著書「ラテンにキスせよ」、「マジカルラテンミステリーツアー」、それから訳書では、ボルヘス「七つの夜」、パス「鷲か、太陽か」、プイグ「蜘蛛女のキス」のような愛読書が並んでいます。そういえば、「七つの夜」の中で、老境に入り、視力を失ったボルヘスが、「失明して、人の優しさに触れられるようになったことに感謝している」というようなことを言っていて、そういう感性でいられたら、辛いことがあっても希望を持って生きていけるな、と励まされたものでした。

明日からも頑張ろう!

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

マンチャマンテレス

P7090070_3 いよいよ、夏も本番が近づいて来ましたね、ということで、南国らしい料理を作りたくなって、メキシコ南部、オアハカの誇る「七つのモレ」の一つでもある、「マンチャマンテレス」というソースの料理を作ってみました。これは、直訳すると、「テーブルクロス汚しソース」という名前の料理で、美味しくて、皆が先を争って食べるため、テーブルクロスを汚してしまう、ということからきているようです。スペイン語らしい、楽しい表現ですよね。

メキシコで一番よく使われる唐辛子の一つである「アンチョ」にリンゴ、パイナップル、バナナを加えて作る、甘酸っぱいソースです。豚肉に果物のソースというのは、他の色々な料理でもよくありますが、やはり、このソースにも、豚肉が合うと思います。グリルした豚のロース肉にかけて食べると最高ですね。

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

厳重警備

 洞爺湖サミットの影響で、店近辺はすごい警戒体制が敷かれています。サルシータの入っているビルの横にも、24時間、警官の方が貼り付いて見張っているので、夜帰るときに、戸締りしなくても良い?と思われるほど。この広尾近辺は、各国大使館が密集しているので、ほぼ100メートルおきごとに警察官が立っているほどの厳重警備ぶりです。

 やはり、サミットの影響なのか、ランチタイムの常連さんの大使館の方々の姿が見えません。皆、北海道に行っちゃったのかな?などとお客さんの少ないランチタイムにスタッフ同士で話をしています。

 そんななか、近所に住んでるご家族のお客さんでよく来店してくださる方達がいらっしゃいます。けっこう小さなお子様や、生まれたばかりの赤ちゃん(さすがに料理は食べられませんが)もいて、この子達はうちの料理を食べて大きくなって、大人になっても来てくれるのかな?などと想像してしまいます。そう考えるとこの仕事も人の役に立っている良い仕事だなあと思えてくるのです。

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

女ばかり!

 なかなか、梅雨があきませんね。そんななか、相変わらず、慌しく日々が過ぎていきます。新しいスタッフが次々と入って来ています。それが、何故か女性ばかりです。別に女性だけを採用している訳ではなくて、応募してくるのが女性ばかりなんです。男性スタッフが二人辞めて、残るは僕を入れて二人だけになってしまいました。女性は10人くらいいるのに、、、若い女性ばかりに囲まれて仕事をするのは、見方によっては羨ましがられるのかもしれませんが、ちょっと、疲れますね、、、

 土曜日は、グアテマラ大使館にご飯の仕出しをしました。お店から近い西麻布でに、中南米の色々な国の大使館が集まっているビルがあるのですが、そこで日本在住のグアテマラテコ(グアテマラ人)たちの集いがあったようです。民族衣装を着た人もいて、ちょっと、心が癒されました。

 日曜日は、テレビ番組の収録がありました。激辛フードの特集だったみたいで、綺麗な女子アナさんに、生のハバネロサルサを食べてもらいました。ぼくも、マイクを向けられて、少し話す機会があったのですが、相変わらずのテレビ下手で、カメラ目線ではっきりと話すことが出来ず、何か下を向いてボソボソ喋ってしまったようで、不安です。なかなか、慣れませんね。

 月曜は、新人スタッフのために新橋のカフェイアルテにメキシコのブラウスを買いに行きました。最近、このテの服が若い子に人気のようで、下北沢なんかに行くといっぱいこんな感じのものが売っていますが、やはり、本物のメキシコのものは違います。オーナーの織屋さんは、この道30年以上のベテランで、行く度に、いろいろ興味深いお話を聞かせてもらっています。サルシータはもうすぐ、9周年。まだまだですね。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »