« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

ガスパチョ

P6240068  八百屋さんから、熟れすぎて売り物にならなくなったトマトを大量に頂いたので、スペイン南部の冷たいトマトと野菜のスープ、「ガスパチョ」を作ってみました。

ランチで、「本日のスープ」をお出ししているのですが、最近、暑くなってきたので、温かいスープの出が今一つになってきていたので、ちょうど良いかなと思って、、、

予想は的中で、多くのお客さんがチョイスして下さいました。上にアボカドを浮かべたところが、ぼくなりのメキシコ風アレンジです。ガスパチョはスペインでは、マクドナルドにもあった定番メニュー、メキシコ料理ではありませんが、スペイン系の移民が多くて暑いベラクルース辺りでは、きっとたべられてるんじゃないかな?

このスープを見ると、一月余りを過ごした灼熱のアンダルシアの夏のことを思いだしました。

| | コメント (2)

2008年6月21日 (土)

魔法のスープ

Rimg0309 メキシコ料理の「魔力」とでも呼ばないといけないような出来事が起きています。

 我が「サルシータ」広尾店は多くの大使館が密集する立地に存在しているため、大勢の大使館関係の方々が来店されますが、ここのところ、メキシコにも近い、ある国の大使及びお連れの方が、うちで出している、メキシコの代表的なスープを目当てに、毎日のように通って来られています。

いつかも書きましたが、ぼくは特別に才能のある料理人では決してなく、メキシコの人々がやっているようなやり方で普通の材料を使って(化学調味料などは一切使っていませんが)料理を作っているだけですが、それでも、こんなに人を惹きつける魅力があるということにメキシコ料理の「魔力」とでも呼ばなければいけないものを感じています。

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

英語インタビュー

 そう言えば、先日、ある外国人向けのウエブサイト向けに、インタビューを受けました。きっかけは、もともと、他の事でつながりのある人がお客さんで来てくれた時に、打診されたものを、あまり考えずに二つ返事でオーケーしてしまったことでした。

 まあ、店のことについて少し聞かれるのを適当に答えれば良いだろうくらいに軽く考えていたのですが、予想に反して?かなり重装備のスタッフ3人が来て、テレビカメラのようなものが回る中、色々な質問に英語で!答えなければなりませんでした。カメラが回る中での受け答えというのは、慣れない身にとっては、やはり緊張するものですね。しかも、最近はキッチンに篭りっ放しで、あまり使っていない英語ですから、けっこうしどろもどろになってしまいました。何とか無事に?やり終えましたが、後から、あそこはこう答えておけば良かった、など反省することしきり。いやあ、参りました。

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

過ぎていく日々

ご無沙汰してしまいました。すみません。最近、あれこれと、兎に角忙しくて、なかなか、ブログを更新する時間が取れませんでした。

 仕事のある普通の日は、大体、8時くらいに起きて、朝食を食べて、9時半くらいにお店に出てランチの仕込み、ランチが終ったら、すぐ、買い物に行ったりして、夜の仕込みに入いり、4時半くらいから、スタッフの賄いを作り、5時に食事をして、5時半にディナータイムがオープン。ラストオーダーが10時で、最後のオーダーを出してから、片付けに入り(週末などは、けっこう遅くなります。)業者への発注、伝票の整理、レジ締めで一日の仕事が終る頃は12時を過ぎてしまいます。終電が12時半なので、それには間に合って帰りますが、家に着くと1時過ぎていて、それからお風呂に入り、晩ご飯を食べてから、パソコンに向かうのですが、大体、メールをチェックして、ちょっと気になったことを調べたりしていると、眠くなってしまって、ブログの更新までなかなか出来ないのが現状です。

 休みの日は時間があるようで無くて、普段出来ないお店の雑用を片付けたり、やはり、普段出来ない子供の相手などをしていたら、あっという間に晩になってしまい、子供をお風呂に入れて、晩ご飯を食べて、子供を寝かしつけていると、日頃の寝不足がたたって、一緒に寝てしまいます。

 そんな感じで、毎日がどんどん過ぎていく感じです。もちろん、お店では毎日、色々なことが起きます。広尾店オープンから働いてくれていた留学生のスタッフが次のステップのために辞めて、新しいスタッフが入って来たり、すごく懐かしいお客さんが訪ねて来たり、大きなパーティがあったり、、、そう言えば、先週の金曜日は、広尾在住の外国人の方達の貸切りパーティでは、お店を暗くして、バーをキャッシュオンデリバリースタイルにして、音楽もダンスチューンにして、まるで「クラブ サルシータ」になったようでした。その次の土曜日の昼は、小さな子供さん連れのお客さんが沢山来て「ファミレス サルシータ」になっていましたが、、、その日は、メキシコに住んでいた方達の集まりもありましたね。とてもにぎやかでした。

 という感じで毎日が過ぎています。

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

痛!

 朝一番で病院に行って、右足の魚の目を除去して来ました。お医者さんに、「痛くありませんから」と言われて、安心してたのですが、かなり、痛かったです。思わず、ちょっと前に読んでいた小説の拷問の場面を思い出してしまいました(笑)。思ったより深く入っていたみたいで、「これじゃあ、歩く時、相当痛かったでしょう。」と言われてしまいました。ぎりぎりまで我慢していたので、こんなことになっちゃったんですね。これからは、自分の体の状態にもっと気を配らなくては。身体あっての仕事ですからね。

 お店でデリバリー代行サービスの会社の人の話を聞きました。お店の料理を近隣の住民の皆さんのご家庭に届けてくれるサービスです。お店がある広尾は住宅街なので、デリバリーの需要がけっこうあるようです。特にこのあたりの大きな家に住む外国人の人達からは、けっこう必要とされているようなので興味はあるのですが、今のところ、来店されたお客さんに出す料理だけで精一杯なので、とてもやれる状態ではありませんね。

 先週は、大きな人数のパーティがけっこう入っていて忙しかったです。広尾店をオープンしてから約10ヶ月になりますが、今までで一番忙しかったかも。これから夏本番に向けて、お店はもっと忙しくなりそうです。我々の仕事は肉体労働なので、身体のケアをちゃんとして、美味しい料理をいつでも出せるように頑張らなくては!

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »