« Decisiones | トップページ | Se terminó primero capitulo de SALSITA.ーサルシータ第一章終わる。ー »

2007年7月12日 (木)

Soy bueno para bueno, pero para malo soy muy malo

”Yo soy bueno para buena, pero para mala soy muy malo!” 「俺はいい奴にはとてもよくしてやる、でも悪い奴にはとても悪くなれるんだ。」

メキシコの国民的歌手フアン・ガブリエルのランチェラの名曲"EL FARSANTE"より。

このところ、不動産や金融関係の方達と、慣れない交渉をする機会が多く、少々げんなり気味。全くこっちのペースで進みませんからねえ。でも、夜の営業で、来てくれたお客さんが、「美味しい」と言ってくださり、「頑張ってください」と声をかけてくださると、またやる気が湧いてきます。

 本当に、うちの店のお客さんは良い方が多い。 忙しい時など、料理が出てくるのが遅いのに、嫌な顔ひとつせず待ってくださり、料理をお出しした時には、手をたたいて喜んでくれるお客さんもいらっしゃる。こちらは、申し訳ない気持ちでいっぱいなのに。でも、そんな時、この仕事をやっていて良かったなと思います。朝から晩までのハードワークも一気に報われる気がします。

 でも、そんなサルシータの歴史上、ほんの2、3回だけ、お行儀の悪いお客さんに注意させてもらったことがあります。お金を頂く立場なのに、本当に申し訳ないのですが、他のお客さんに迷惑がかかる状態は阻止するのが、店主の役目でもあるので、、、

 そんな時、ぼくの頭の中で鳴っているのが、この曲の、このフレーズです。曲の中では、対象が女性になっているので、buena,malaと女性形になっているところ、,ここは臨機応変に変えてはいますが。

 フアンのような弱弱しいキャラクターが、思い切り見得を切って、この勇ましいフレーズを唄うのが良いんですよね。ビセンテ・フェルナンデスのような、マッチョな感じの人がこれを唄ったら、逆に面白くない。この辺りが微妙なんです。

 実は、このフレーズ、昔、渋谷のライブレストランで3ヶ月ほど常駐してライブをしていたキューバのバンド「ユムリとその兄弟達」の"CROCODILO DE AGUA SALADO"(直訳すると、「海水の中のワニ」、キューバ島はワニの形に似ている)というヒット曲にも入っていたのを覚えています。とすると、やはり、ラテンの国の人には響く言い回しなんでしょうね。

|

« Decisiones | トップページ | Se terminó primero capitulo de SALSITA.ーサルシータ第一章終わる。ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Decisiones | トップページ | Se terminó primero capitulo de SALSITA.ーサルシータ第一章終わる。ー »