« 大佐に手紙は来ない | トップページ | 広尾新店舗 »

2007年6月22日 (金)

商売熱心?

 先日、あるメキシコ通のお客さんとお話をしていて、話題が、最近、アメリカの大手酒販会社に買収された、ある有名なテキーラのメーカーの話になりました。

 彼によると、アメリカの大きな会社の傘下に入ったことで、そのテキーラは世界的なプロモーションがかけられて、もっと売れて有名になるだろう、ということでした。言われてみれば、メキシコ人は、良くも悪くも、そんなに欲が無いところがあって、大金を投じて大々的な営業活動をする、ということはあまりしないような気がします。そして、実は、世界的に売れている大きなテキーラメーカーは、じつはアメリカの資本が入っていることが多いのです。

 ぼくの感想は、どうせ、買われるのなら、同じ業種の会社で良かったな、というものでした。サッポロビールのように、何の関係もない投資会社に、ただ単に金儲けのためだけに買収されそうになるよりは、よっぽどマシだなあと。

 アメリカ人というのは、グローバリゼーションの旗振り役だけあって、商売熱心ですね。ちなみに、ぼくは、ビジネスという英語は”商売”と訳しています。それに対して、メキシコ人及びラテンアメリカ人は、そんなにビジネスが得意でないようです。

 しかし、ビジネス(商売)に対して貪欲である、ということは、そんなに良いことなのでしょうか?そんなことを考えたのは、最近、渋谷で起こった温泉施設の爆発のニュースを耳にしたからです。あの施設の運営会社は、オフィスにコーヒーを卸している会社らしいですが、そこの社長がやり手で、本業以外に、あの温泉施設をやったり、沖縄でリゾート開発をしたりもしているらしいです。

 都会で、温泉施設をやれば儲かりそうだ、とビジネス感覚鋭い?人達が他の業種から参入して、利益を追求するあまり安全面の対策を下請けの会社にまかせっきりにした結果、あんな悲惨な事故を起こしてしまいました。

 ぼくらの飲食の世界も、よそから見ると儲かりそうに見えるのか、他の業種の大きな会社が、よく参入してきますが、上手くいかないことが多いです。メキシコ関係でも、アメリカで流行っているファーストフードのチェーン店を日本で展開しようとして失敗した例がありました。

 商売も結構だけど、儲かりそうだからというだけの理由で、安易に他業種に参入するのはどうかと思うのです。

|

« 大佐に手紙は来ない | トップページ | 広尾新店舗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大佐に手紙は来ない | トップページ | 広尾新店舗 »