« メキシコ旅行記その2 | トップページ | メキシコ旅行記その4 »

2007年5月31日 (木)

メキシコ旅行記その3

 メキシコ三日目。今日の朝食は、アルトゥーロさんお勧めのカルネ アサダの店に行くということなので、ホテルではコーヒーと果物だけにしました。10時半頃、アルトゥーロさんが迎えに来て、いざ出発。着いたお店は、庶民的な住宅街の中にある、トタン板で覆われた、半分屋外のとても大衆的な”食堂”といった感じのお店でした。

 早速、名物のカルネ アサダを注文。すると、店のお姉さんが、焼肉のカルビのような部位を網でサンドイッチにして炭火でじゅうじゅう焼き始めました。僕らの席の後ろ側では、とうもろこしを茹でて磨り潰した”マサ”を丸く伸ばしてトルティーヤを次々と焼いています。焼きたてのトルティーヤに自家製のサルサ、ノパル(ウチワサボテン)のサラダなどを乗せて食べてると、もう、これだけでいいや!ていうくらい美味しい。そのうち、焼きたての肉が到着。炭で炙って焼いているので、香ばしくて旨い。なるほど、こういう料理だったら、屋外が似合いますね。

 そういえば、この店の名前が面白かった。「ラス エルマナス コラヘ」(怒りんぼ姉妹)と言うんです。アルトゥーロさんによると、昔、ある姉妹が始めたこの店に(今でもですが)沢山のお客さんがやってき来て、入れないお客が外で待っているのに、食べ終わったお客さんがお喋りしていてなかなか席を立たないので店主の姉妹が腹を立てていたということから付いた名前だそうです。うーんサルシータの状況に似ていて他人の気がしないなあ。それにしても、それを店の名前に出来るメキシコ人のユーモア感覚が良いですね。

 そのうち、ランチェラ(メキシコの伝統音楽)のグループが演奏を始めました。女の子が歌って、お父さんとお兄さんたちが伴奏しているファミリーバンド。メキシコでは、人が集まるところには、必ず音楽がある感じですね。

 その後は、仕事でペルーに向かう田中さんと別れて「エル ボラーチョ」の杉山さんと再びトラルケパケとトナラでお店に飾る装飾品を物色。フリーダ・カーロの写真やオーナメント、そして大きなブリキのサボテンをゲット。今回は杉山さんが送るコンテナ便に載せてもらうことが出来るので、普段は買えない大きなものも買ってみました。

 夜は、やはりアルトゥーロさん推薦の郊外の町サポパンのシーフードレストランへ。メニューの全てがシーフード。水族館風の店内にウエイターのネクタイも魚模様という徹底振り。実は、海産物で有名なシナロア州発祥のメキシコ全国に支店がある大きなチェーン店でした。セビッチェ、シーフードのスープ、白身魚に海老やマッシュルームを詰めた料理などを食べました。今回、グアダラハラでは昼は市中心部の庶民的な店、夜は三夜連続で郊外型の富裕層向けの大きなレストランで食事をしました。それぞれに良さはありましたが、味では庶民派の店のほうが美味しいように感じました、勿論、雰囲気では、金かけて作っている郊外型も良かったですが。この両方の良いところをミックスしたようなお店を僕は目指したいと思いました。   <続く>

 Rimg0226_4 Rimg0227 Rimg0230Rimg0231 Rimg0232 Rimg0233

|

« メキシコ旅行記その2 | トップページ | メキシコ旅行記その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メキシコ旅行記その2 | トップページ | メキシコ旅行記その4 »