« タコ?タコス? | トップページ | ペドロ・アルメンダリス »

2006年8月31日 (木)

ブリトー?ブリート(タ)?

 メキシコ料理でタコスの次か、或いは同じくらいに有名なのはブリトーでしょう。あのセブンイレブンが20年以上も前に売り出していたから、認知度が高まったのはタコスより早かったでしょうね。

 でも、このブリトー、アメリカではとても人気のある食べ物ですが、メキシコではあまり食べられていないって知っていましたか?呼び方もメキシコでは、ブリートとかブリータというふうになります。この名前は、もともとロバという意味のBURROにスペイン語でいうところの縮小辞ITO(A)が付いたものです。この縮小辞という奴は物を親しみを込めて呼ぶときに使う表現で、スペイン語圏の中では、メキシコが圧倒的によく使うんですね。ぼくがやっているお店「SALSITA」もソースの意味のSALSAに縮小辞ITAを付けたものです。メキシコ料理のお店の名前にはこんな終わり方をしているものが多いと思いますよ。こうすると、やはり、メキシコっぽい響きになるんですね。ちなみにメキシコには「SUSHITO」という寿司のチェーン店があります。話が逸れました。それで、ロバには背中にいろいろな荷物を背負わせることから、この小麦粉のトルティーヤにいろいろな具材を詰める料理を「可愛いロバちゃん」みたいに呼ぶんですね。日本人にはちょっと理解しにくい感覚かもしれませんけど。

 この小麦粉のトルティーヤにっていうところが肝心です。実は、アメリカではとても一般的な小麦粉のトルティーヤですが、メキシコではとても少数派なんですね。食べられているのはアメリカとの国境に近い北の地方くらいです。メキシコでは、トルティーヤと言えばとうもろこしというのが定番なんです。まあ、最近はグローバル化の影響というか、それ以前からメキシコは常に北の隣人アメリカの強い影響下にありましたが(コカコーラの元社長が大統領になるくらいですから)、アメリカで人気のこの料理がメキシコシティなんかでも少し見られるようになりましたが、、、

|

« タコ?タコス? | トップページ | ペドロ・アルメンダリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143480/3266602

この記事へのトラックバック一覧です: ブリトー?ブリート(タ)?:

« タコ?タコス? | トップページ | ペドロ・アルメンダリス »